NO IMAGE
こんにちは、フリーランスなどのデザイナー専用
集客コンサルタントの山口です。
 
今日から2月ですね。
非常に寒い日が続いているので
最近は辛いもの食べて汗をかくようにしてます。
 
 
脳が活性化して仕事が
はかどりますね(笑)
 
 
さて、突然ですが
あなたのデザイナーとしての
デザインの「売り」は何でしょうか?
 
 
売り??? 
 

 
そうです、マーケティングで
言うところの「USP」ってものです。
 
 
これは、あなたがデザインの仕事を受注するための
サイトやブログはもちろん、
 
 
あなたのクライアントさんの
チラシやホームページなどを
作る際にとても重要な要素ですよね?
 
 
確実に外せない必須要素です。
 
 
このUSPは、
実は次の3つの要素から
成り立っています。
 
 
・クライアントさんが要求している事
・あなたの強み、得意な事
・ライバルが苦手な事
 
 
ポイントは、
 
 
「USPはクライアントさんが求めている事」
 
 
つまり、お客様を主人公に考えないと
いけないという点です。
 
 
でも、一人でビジネスをしていると
このあたりを
見失ってしまいがちになります。
 
 
「僕のWEBデザインはここがすごいよ」
「私のチラシはデザイン性が高いですよ」
 
 
と言いたい気持ちは分かります。
 
 
でも、お客様目線で考えないと
一人よがりの広告に
なってしまうのですね。
 
 
そんな事言っても
「私のデザインサービス(商品)はよくあるものだし、
 よそとあまり変わらないんだよ…」
 
 
そんな時のとっておきの
確認方法をご紹介します。
 
 
 
それは・・・
 
 
 
【クライアントさんにたずねてみる!】
 
 
まさにさっきの内容とリンクしますが
クライアントさんにヒアリングしてみるのが
最も確実な方法です。
 
 
そしてその時のポイントとして、
次のようにたずねてみてください。
 
 
1.他ではなくなぜ私を選んで頂いたのか?
 
2.デザインサービスを利用してどう変わったか?
 
3.デザインサービスを利用してどんな気持ちになったか?
 
4.お友達に私を紹介する時はどのように
 紹介して頂けますか?
 
 
これを聞き出せると、
なぜ、ライバルではなく「あなた」を
選んでくれたのか?
 
 
ここが面白いように
ズバリ分かります。
 
 
どうしても自分の事になると
視野がせまくなり
主観的に考えがちになりがちですよね?
 
 
でもこのアンケート項目で
ヒアリングしてみると
本当に結果に驚く事も多いんです。
 
 
そういう視点み選んでくれたんだな、
と気づかされる事がとてもあります。
 
クライアント獲得、
広告作成の時の
参考にしてみてください。
 
 
自分の顔はどうしても
自分では見る事はできませんからね。
 
それでは、また!
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!