NO IMAGE

こんな危ないデザイン制作していませんか?

こんにちは、フリーランスなどのデザイナー向け
集客コンサルタントの山口です。
 
これは夜中、車でジムから
帰宅する時に起こりました。
その日も、いつもの通り
同じ道を通って帰宅しようと
していました。
 
 
そこで、急にこんな音が
響いてきました。
 

「ピッピピー」
 
 
工事現場での警備員に
激しく笛を吹かれ、はっとして
思わず急ブレーキを踏んだ僕。
 
 
もう、あとちょっとで
工事現場の看板にぶつかる寸前の
出来事でした。
 
 
一番の原因は間違いなく僕の不注意。
 
 
でも、もう1つ言わせてもらって
いいですか?
 
 
迂回路への看板が
 
 
「めっちゃカラフル!」
 
 
しかも、回りにはライトが
 
 
「ピッカピカ!!」
 
 
もう、目がチカチカする、
ハレーション状態でした(苦笑)
 
 
さてさて、これは人事では
決してありません。
 
 
あなたもWEBサイトやチラシで
そんなデザインをしていませんか?

特に、あなたの受注媒体で

これをやってしまうと

みすみすクライアントさんを

逃す事につながります。
デザインの目的って
そもそも何でしょう??

それはずばり・・・

 
 
================
アクションを起こしてもらうこと
================
 
これですよね?
 
 
そのためには、、、
 
 
見やすく、読みやすいデザインにして
オファーまでナビゲートしないと
いけないわけです。
 
 
これを、見づらく読みにくい
デザインにしてしまうと
僕の運転のような危ない事態を
引き起こしてしまいます。
 
 
時々、過去にクライアントさんの中で
 
 
「もっと色づかいをカラフルに
 華やかにしてください!」
 
 
と言ってくる方がいました。
 
 
まあ、そんな時、逆効果になる場合は必ず
僕は速攻でお断りしていましたね
即答に近かったです(笑)
 
 
だって、成果に逆らうような事と
分かっていて
進めるわけにはいかないですよね?
 
 
もちろん、理解して頂いたうえで
ソフトにお伝えはしてましたが。
 
 
デザイナーが作る広告媒体、
 
 
これは
 
 
「そもそも読まれないもの」
 
 
という事を前提にして
作らないといけないものです。
 
 
「読んでくれるだろう!」
 
 
は大間違いです。
 
 
今日はちょっと危ない経験をしたため
こんな内容にしてみました。
 
 
 
デザイン性の高いものを作る以前に
広告の大原則、これを
しっかり押さえて作れているか?

あなたのクライアント獲得用の広告ページ、

見やすく行動させられるものに
なっていますか?
 

せっかくメッセージが良くても
ちょっとしたズレで見込み客を逃す事は
よくあります。

 
デザインにこだわるあまりに
そうなってしまったら本末転倒です。

もう一度チェックしてみて

くださいね。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!