こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりを
サポートしている山口です。

 

今日はガキ使風なタイトルで
スタートです!

 

これは先日、少し遅めの
インフルエンザの予防接種を
受けに行った時の話です。

待合室で順番待ちしていた時に
あるポスターが
目に飛び込んできたのです。

 

なぜ、飛び込んできたのか?

 

理由はこれです・・・

 

「めちゃくちゃ
 見づらかったから!」

 

惹きつけたという事は
ある意味、成功した
デザインかもですが(苦笑)

 

近くでよく読んでみると
市が発行している
ガン予防啓発のポスター。

 

ほんと、良く読まないと
何を書いてるのか分からない
ポスターだったのです。

 

その時に感じた事、
そこには、

 

—————-
作り手の罪がある!
—————-

 

もちろん、クライアントさんの無駄な
意向と言うこともあり得ますが

 

せっかくいい内容が
書いてあっても
価値を伝えられないという罪です。

 

フリーのデザイナーなら
クライアントさんの広告。

 

そしてあなた自身の
仕事を受注する用の広告など、
これらは、

 

【読まれないを前提に作らないと
マジで読まれない!】

 

ご存知、

 

広告には3つの壁が
存在します。

 

「読まない」

「信用しない」

「行動しない」

 

特に、あなたの手がけた
デザインの成果を左右する

 

「読まない」

 

これは手強いのです。
だって、そもそも広告って
読む必要が無いものだからです。

 

あなたも、ポストを開けて
重要な書類とそれ以外、
と仕分けしますよね?

 

その、それ以外に
チラシなどの広告が
入るのです(汗)

 

サイトを見ても広告が多いと
やっぱりウザいですよね?

 

なので、セールスレターや
FAXDMは広告と思われないように
送った方が反応が取れますが。

 

話を戻し、この壁を突破し
読まれるものにするためには、

 

「コピー」「デザイン」

 

どちらも、

 

==================
シンプルに伝わりやすくなっているか?
==================

 

特にデザインになると
デザイナーさんはオシャレさに
こだわりがち。

 

細めのサンセリフでクールに決めたり、
グラデーションマスクで叙情的に演出したり、

 

はたまた

 

写真とコラージュして
大事なタイトルを
デザインのパーツにしたり・・・

 

白状しますね、
僕もやってたから
気持ちは分かる!

 

けどこれ、
逆効果になることが
多々あるんです。

 

逆にデザインがよく
タイトルが際立っていても、

 

コピーがターゲットに対して
分かりづらい、的外れなら
それもアウトです。

 

いかがでしょうか?

 

ダイレクトレスポンス広告の
デザインの目的は、

 

読み手に読んでもらい、
行動を起こさせる事です。

 

これが機能して初めて
広告として成立するのです。

 

もし、デザインの不要なこだわりや
ターゲットにかすりもしない
コピーを作ってしまってたら、

 

アウト〜な広告に
なってしまっているかもしれません。

 

この辺り、ぜひ意識してみて
読まれる媒体をデザインしていって
くださいね!

最新情報をチェックしよう!