こんにちは、山口です。

最近、コンテンツのリリースに向けて
作業を行なっていたのですが、

ふと、昔、某エステサロンのオーナーさんから
リニューアルの依頼をいただいた時の
ホームページを発見したのです。


当時、広告の無料診断を行なってた時に
ご相談頂いた案件だったんですが、

まあ、ぶっちゃけこれが
なかなかよろしくないもの
だっったんですね(苦笑)

第一印象から、
僕の心の声を言語化すると・・・

「誰に向けて内容なの?」

「他と何が違うの?」

「で、見た人に何して欲しいの?」

そしてトドメがこれ。

ハリウッドスターちっくな画像を
惜しげも無く載せている!
(おそらく許可は取れていないはずです笑)

ご存知、エステの広告は
テレビCMから始まり、雑誌、フリーペーパー、
チラシ、WEBサイトまで・・・

みなさん普段から
とても見慣れているものですよね?
目が肥えているわけです。

・高品質サービスで
・安くて
・豊富なメニューです

これらを並べれば並べるほど
焦点、つまり、

「誰向けのサービスなのか?」

これが定まらなくってきます。

そもそもなんですが、
これら全てをしっかり満たす事自体が
不可能です。

そしてこれはもちろん
フリーランスデザイナーさんなどにも
共通事項になります。

エステサービスのように、
同じサービスを提供している
フリーランスデザイナーはごまんといる時代です。

・どんなクライアントに対して
・どんな違いで惹きつけて
・手始めに何をして欲しいのか?

これをミニマムな要素で
ズバッと伝えられるかどうか??
ここが重要なポイントになります。

1つテンプレートで
例をあげてみますね。
集客のお悩み解決型なら、

「今すぐ、お客様が集まるチラシを作りたいあなたへ!
 100社以上で効果出た要素をつめこんだヒアリングシート
 に答えて頂くだけで売るチラシに仕上る◯◯サービスに興味ありませんか?
 今なら先着◯◯名様限定で・・・」

こんな感じで。

いかがでしょうか?

「シンプルな内容でターゲットの心をつかむ」

これが今後、フリーランスデザイナーの集客に欠かせない
ポイントになります。

今回のエステサイトの話のような見せ方でなく、
ぶれずに強い受注ベースを持つ事が重要です。

すると、今よりも選ばれやすくなり、
単価アップにもつながりますので。

ぜひ参考にしてみてください。

追伸

フリーランスのデザイナーに向けた企画、
7日(木)21時から募集します。
お見逃しなく。

最新情報をチェックしよう!