NO IMAGE
こんにちは、フリーランスなどのデザイナー専用
集客コンサルタントの山口です。
 
週末ですね、今週を振り返ると
食べる量と運動量が見事に反比例した週でした。
来週からジムの回数増やさないと・・・汗

今日はまず、本題に入る前に
最近ご相談を頂いた方からの感想を
ちょこっとご紹介します。
 
 
「先日アドバイス頂いた
クライアントを獲得するためのしかけの件、
試しに実践してみました。
ほんと効果が出て驚きました!」
 

 
「客側になって考えないで
告知ばかりしていたことを痛感」
 
 
など、文面から荒い鼻息が
聞こえてきそうな勢いの
ご感想を頂きました。(笑)
 
 
どうしても売り手側になると
売り込み広告になってしまいがちなんですが、
このメルマガをヒントに改善に役立てば
嬉しいですね。
 
 
それでは今日は、
頂いた感想にもあった
 
 
【クライアントを獲得するためのしかけ】
 
 
についてお伝えしますね。
 
 
「しかけ」と言っても
広告で使うあれの事なんです。
 
 
「オファー」です。
 
 
聞いた事は多いと思いますが
オファーとは
 
 
「スペシャルな限定条件を提示すること」
 
 
を指します。
 
 
ざっくり言うと、
今だったらこの特別条件を付けるので
ぜひ試してみませんか?
 
 
みたいな感じですね。
 
 
そもそも広告の目的って
何でしょう?
 
 
チラシやホームページ、セールスレターなど
見てくれた人に
行動を起こしてもらう事ですよね?
 
 
だからこそ、
めちゃくちゃ魅力的な「条件」を提示して
アクションにつなげないといけません。
 
 
神田昌典さんは
 
 
「気絶するほどの魅力的な提案を」
 
 
とまで言っています。
 
 
でも、見せ方次第では
効果が半減してしまう場合があります。
 
 
ほんと、内容が良くても
伝え方1つで成果ガタ落ちになることも
めずらしくありませんよ。
 
 
そこで、それを防ぐための
ポイントがあります。
 
 
それは・・・
ずばり、オファーは次の3つを
セットで見せると
反応が上がります。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「条件」
「行動の指示」
「行動するための手段」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
1つ簡単な例をあげますね。
 
「○月○日まで限定、
 通常○○円のWEBサイト制作パックが○○円!
 お問い合わせは今すぐこちらからお電話ください。
 Tel ○○○ー○○○ー○○○(担当□□/受付○〜○時)」
 
 
こんな感じで3点全て入っていると
ちょっと行動してみたくなりますよね?
 
 
試しに新聞の折込チラシや
TVショッピングのオファーを
確認してみてください。
 
 
必ずと言っていいほど、
上記のポイントを
おさえているはずです。
 
 
オファーのない広告の
行く末は墓場です。
 
 
「お、これいいじゃん。
でも、ま、後で検討しとこう」
 
 
悲しいことに、
「後で検討」は「もう買いません」
と同じ意味です。
 
 
ぜひ参考にして、
魅力的なオファーを提案できるように
してみてくださいね。
 
それでは、また!
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!