NO IMAGE

チラシ以外で高確率で集客できるツールとは?

こんにちは、スモールビジネスの
チラシ・WEB集客をサポートしている山口です。

 

さて、今日のテーマはこれです。

——————————————–
高確率で集客できる
ツールとは?
——————————————–

 

クライアント集客するためのツールで
チラシ以外に、今はWEBを始め、
あらゆるメディアがあります。

 

で、特に効くものは何か?
結論から言うと、

「セールスレター」

 

はい、何度かお伝えしてますが
おススメはこれになります。

 

でも、そもそもなぜ、
クライアント獲得に
これが有効なのだと思いますか?

 

理由はいくつかありますが、
主にこれです。

 

・見込みのある人だけに遅れる
・工夫しだいで開封率は
 メルマガの何倍にもはね上がる
・ライバルがあまりやっていない

 

そして、僕が主催している
集客デザインプログラムに参加している
グラフィックデザイナーのKさん。

 

オンラインから獲得したリストに対して
試しに200通送付。

 

かかった費用は約3万円で
売り上げは36万円。

 

初めてにしてはいい感じです。

 

もちろん、文面や封入の工夫などは
アドバイスしたもので
送っていただきました。

 

(これはここでお伝えできませんが。。)

 

WEB界の王様、
Googleだって送ってる
わけですからね。

 

そこで今日は、この、売るのに強い
と言われているセールスレターの
書き方のコツをご紹介します。

 

代表的なパターンがこれです。

 

1.PASONAの法則

これは神田昌典さんの考案したもので、

Problem(問題を提起)
Agitation(提起した問題を煽り立てる)
SOlution(解決策を見せる)
Narrow down(絞り込み)
Action(行動へ促す)

 

これらの頭文字をとってつけた法則ですが、
ランディングページなどでも
使えるセールスメッセージの基本型です。

 

例えば、デザイナーが送るなら
あてはめると
ざっくりこんな感じ。

 

「チラシ(またはWEB)集客で苦戦していませんか?」

「その原因、多くはここに・・・」

「そこで、そんなあなたに○○制作プランを」

「今ならお試し価格○○円で・・」

「今すぐ同封の申し込み用紙で・・・」

 

この他にも、

 

・オファー先行型(お願いから入る)
・ストーリー型

 

などなど

 

状況に応じて使えるパターンは
いろいろあります。

 

スモールビジネスで
今後、安定的にチラシ以外に
集客していくためには、

 

メッセージの型だけでなく、
マーケティングにも売れる型、
があるのです。

 

それが今日お伝えした
セールスレター
というわけです。

 

チラシやWEBサイトで
不特定多数の人から
見込みのある人を集める

その濃い見込み客に手紙を出すことで
ワントゥワンの関係を早く築いて
顧客にする。

 

多くの人がやっていない、
これが

 

—————-
勝ちパターン
—————-

 

なのです。
ただし、、、

 

あなたがどんな人をターゲットにするかで
セールスレターの内容も
ガラリと変わってきます。

 

そこがしっかり定まった上で使うことで、
初めて威力を発揮します。

 

ぜひ、そこから
チェックしてみてくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!