チラシ集客でよくある3つの間違いとは?

こんにちは、スモールビジネスの
チラシ・WEB集客をサポートしている山口です。

「マッサージ店を開業し、リスティング広告とチラシ配布
を行いましたが来店が5名しかありませんでした・・・
改善点はどこでしょうか?」

予算を割いた割に期待どおりの集客につながらず、
やり方が合ってるのか不安になったとの事で
ご相談をいただきました。

チラシもリスティングも初めて、
最初の広告だったという事です。
不安になる気持ちは分かります。

ただ、結論から言うとですね・・・


—————————
これで判断するのは
余裕で早すぎる!
—————————

お金をかけるので
どうしても焦ってしまうのは
よく分かります。

でも、これだけで成果の良し悪しを決めるのは
あまりにも時期尚早なんです。

この手の相談は本当によく頂くのですが、
多くの事業主が、根本的に考え方を
間違えてしまってるのです。

いくつかそんな間違った「前提」を
ご紹介しますね。

広告出せばすぐに上手くだろう

チラシを出す、リスティング広告を出す、
フェイスブック広告を出す。

その時に、そのサービスをやっているのは
あなただけですか?違いますよね。
当然、周りは競合、ライバルだらけのはずです。

そんな中、あなたが広告を出して
すぐにボコボコと
反応が取れる、そんなわけないですよね?

いきなり大きな反応を期待するのではなく、

【テストで反応率を高めていく】

という考え方を前提にするのが
必須になるのです。

いきなり大きな予算を使う

これもやりがちなパターンで、
初めからいきなりまとまった
資金を投下してしまうのもNGです。

もちろん、多くの予算をかければ
その分多くのデータを早く知る事はできます。
(特にリスティングやフェイスブック広告など)

でも、やはりこれは得策ではありません。
リスクが大きく、博打のようなやり方は
まずオススメできません。

スモールビジネスの場合、
広告予算の賢い使い方は、
1にも関係しますが、

【一定の反応がつかめてきたら
 予算を徐々に拡大していく】

これが安全でスマートなやり方になります。

獲得できた反応を大事にしない

今回相談をいただいた、この5名集客。
「たったの5名」ととるか、
「5名も成果があった」ととるか・・・

もうお分かりですよね?

あなたはぜひ後者の考えになって頂きたいのです。
そう、5名も反応が取れたのだから
次に活かせるわけです。

集客チラシだったら、問い合わせが入った時に
チラシのどこに反応してくれたかを
ヒアリングする事で次につなげられますよね?

リスティング広告なら、どのキーワードで、どのエリアで、
どの時間・曜日でコンバージョン(成約)してくれたが
分かりますよね?

ここに大きなヒントが
隠されているんですよ!

いかがでしょうか?

繰り返しになりますが、

「こうすれば100%反応出る
 チラシやWEBサイトが作れる」

なんて事は言えないのです。

テスト、つまりマーケットに
確認しながら反応を高めていく。

これを前提に考え、スピーディに動ける人だけが
成果を上げ、結果、成功していく事ができるのです。

あなたもぜひ、この考え方で
スマートなテストを行っていくように
してみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!

セールスの最新記事8件