デザイナーで食えない人が多い理由その2

今日は前回の続きです。
?
?前回は制作費を一気に上げる方法についてお伝えしました。おさらいすると、「デザイン屋さん」をやっている限り、今後、制作単価を上げていくことはますます難しくなっていく。
そこから脱却していくために学ばない事、それが
?

=========
マーケティング
=========

こんな内容をお伝えしました。それでは、具体的に何を学んでいけば安い案件ばかりの状況から抜け出せるようになるのか?
そこを今日はお伝えしていきます。
?
?

稼げるデザイナーになる方法とは?

?
「マーケティング」と言われて、あなたは何を思い浮かべますか?
?
?
・市場調査
?
・広告宣伝の活動
?
・効果検証
?
・顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出す戦略
?
?
一般的にはこんな事が言われてますよね。でも、もっとシンプルに、かつ分かりやすく表現できるのです。
「優良な客を、営業マンの前につれてくる」これは神田昌典さんの有名な言葉です。つまり、売込まなくても売れてしまう、そんな状況を作りだすことがマーケティングなんです。
この状況を作るための活動がマーケティングなんです。分かりやすくていいですね!
?
?
では、この考えをあなたのデザインの仕事に当てはめて考えるとどうなるでしょうか?
あなたのクライアントさんがあなたに広告のデザインをお願いしている目的は何でしょうか?
それは・・・
?
「集客したい」ほぼこれが目的ですよね?広告はそのための手段、ツールという事です。さらにデザインはそのツールを作る一部の作業です。
これ、何を意味しているか分かりますか?クライアントさんの本当の目的が集客だとすると、デザインはその末端を担う内容ということになります。
?
?
そのポジションにいる限り、クライアントさんの真の課題を解決することは難しいのです。ではどうすればいいのか?これが今日のテーマである
「マーケティング」を学ぶべきということ。これを学び、クライアントさんが集客できる広告を作れるようになればいいのです。
優良なお客さんが、あなたのクライアントさんの所にスムーズに来る。そんな広告を、マーケティングを学んで提案できるようになればポジション、立場が見事に逆転します。
?
?
立場が変われば、こちら主導で仕事が出来る様になり、制作単価を一気に上げる事が可能になるのです。
もし、今のポジションから脱出したい!そう願っているならマーケティングをぜひ学んでいってください。
きっと景色が変わる日がやってきますよ。
最新情報をチェックしよう!