NO IMAGE

デザインの仕事が取れない原因はこれかも・・・

こんにちは、フリーランスなどのデザイナー向け
集客コンサルタントの山口です。
 
 
「やっぱりね・・・」
 
 
先日、センッション中に
こんなご相談を頂きました。
 
 
「今はブログやチラシなどを使って
 集客してるんですが
 デザインの注文がなかなか入ってこないんです・・・」
 
 
この方は、印刷所に勤務している男性Oさん。
これから本格にデザイナーとして
独立したいとの事でご相談を頂きました。
 
 
早速Oさんの仕事獲得用に
作ったという広告を拝見。
 
 
パッと見て、デザイン的には見やすく
言っていることも読んでみると
特に分かりにくい表現も使っていない。
 
 
ただ、そこには決定的な
ある問題点があったのです。
 

 
 
それは・・・
 
 
————————————————————
メインテーマが3つも存在!
————————————————————
 
「こちらでは
AもBもCもデザインしています!」
 
 
こんな見せ方を
思いっきりしていたんですね。
 
 
これ、例にもれず
避けるべきやり方です。
 
 
僕らのような小規模ビジネスが
やるべき表現、
それはずばり・・・
 
 
「広告で言いたいことは
 1つに絞る」
 
 
ワンマーケット、ワンメッセージ
ってやつです。
 
 
いやいや、自分の売りは
2つも3つもあるんだから
1つしか見せないなんてもったいない。
 
 
そう思うのは当然かもしれません。
いくつもPRしたい気持ちは
よく分かります。
 
 
でも、あれもこれもを
大事なヘッドラインで見せてしまうと
読んだ人が混乱するんですよ。
 
 
いくつも主張が並んでしまうと
こんな症状を引き起こします。
 
 
「ぼやっとする」
「分かりづらい」
「読みにくい」
 
 
こんな感じになります。
 
 
普通に考えると分かると思いますが、
テーマを3つ入れたら、
説明する内容が3倍に増えますよね?
 
 
これだと読み手に不親切、
読まれない広告の
出来上がりになってしまうのです。
 
 
そこで、メッセージテーマを1つに
絞るとぐっと
 
 
「刺さりやすい」
 
 
に変わります。
 
 
毎日のデスクワークで
目の疲れが辛い時は
総合病院よりも、まずは眼科に行きますよね?
 
 
「こってこての醤油とんこつラーメンが食べたい!」
 
 
そんな時に、
 
 
「ラーメンもそばもうどんもありますよ」
 
 
と謳っているファミレスよりも
ラーメン専門店に直行しますよね?
 
 
デザインの仕事をしっかり獲得するために
1つの広告では
1つのテーマでのメッセージ。
 
 
これが基本です。
 
 
デザイン案件獲得のための広告、
見込み客であるクライアントさんを混乱させてないか
定期的にチェックしてみてくださいね。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!