NO IMAGE
こんにちは、フリーランスなどのデザイナー専用
集客コンサルタントの山口です。
 
暑い日が続いてますね。
でも、ここ数日は僕はこれにも
熱くなってしまっていました。
 
 
何に熱中していたかと
言うと・・・
 

 
僕の主宰する
デザイナーさん向け
集客プログラムメンバーさんの
ランディングページリニューアル。
 
 
僕は広告などのヘッドラインを
添削する時は
 
 
「どんな見せ方したら
ファーストビューをチラ見しただけで
一瞬で引き込まれるだろうか?」
 
 
ここを重要項目の
1つにしています。
 
 
そのために欠かせない
基本的な事、それはやはり
 
 
「ターゲット決め」
 
 
マーケティングの全ては
ここから始まりますからね。
 
 
重要な事は
「絞り込み」です。
 
 
デザインを依頼したいと思っている
クライアントさんは
 
 
・どんな属性なのか?
・何を重視している人なのか?
・どんな事から逃れたい、または成し遂げたいと
 思っているのか?
 
 
こんな具合で、
3つの要素を使って
獲得したい相手をひねり出します。
 
 
まあ、これは基礎的なところで、
ウォーミングアップの
ようなものです。
 
 
そして今日の本題はここから。
 
 
もう1つ、
実は押さえておかなければ
いけないポイントがあるんです。
 
 
それは・・・
 
 
同じターゲットでも
段階によっては
 
 
 
 
——————————————————
売り方が変わる
——————————————————
 
あなたが選んだターゲットでも
「売る前の人」と「売った後の人」では
 
 
【伝え方を変えた方がベター】
 
 
なのです。
 
 
新規クライアントさんを
獲得するためには
 
 
相手の事を分かってあげて、
共感してあげて、
信用してもらって・・・
 
 
まあまあ面倒くさい
プロセスを踏まないと
いけないわけです。
 
 
でも、
 
 
あなたの商品・サービスを
何度も利用してくれた
常連クライアントさんには、
 
 
ど頭からいきなり
 
「真夏の○○制作キャンペーン!」
 
 
とやっちゃっても
これ、OKなんです。
 
 
なぜなら、
 
 
常連さんという事は
あなたが制作したデザインの価値を
もうすでに分かっている人ですよね?
 
 
うだうだ論理的に書くよりも
ストレートに見せた方が
反応が上がる事の方が多いんです。
 
 
逆に、まだ利用した事もない
クライアントさんに
この見せ方はやってはいけないですよ。
 
 
僕のメンバーさんにも
このあたりのリピート対策は伝授しているので
みなさん反応をしっかりと上げています。
 
 
いかがでしょうか?
 
 
効果的なクライアント獲得のコツ。
 
 
「誰に向けて」を決めるのはもちろんですが、
ステージによってもメッセージの伝え方を
変える必要があるのです。
 
 
まだ実践していないなら
ぜひ一度試してみてください。
 
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!