NO IMAGE

デザインの仕事獲得につなげる広告の作り方

こんにちは、
デザイナー集客コンサルタントの
山口です。
 
 
最近は夜はすっかり涼しくなってきましたよね。
この季節になると、ふと思い出す事があるんです。
それは・・・
 
 
「片想い」
 
 
僕でも一応あるんです(笑)
 
 
これは高校時代の話です。
教室の一番後ろに座っていたMさんに
僕は想いを寄せていました。
 

 
当時、特にクラスの中で目立っていなかった僕。
強い想いだけはあったけど、
その子に自分の想いを気づかれる事はなく。
 
 
結局、気持ち伝える事も無く
卒業してしまったんです。
 
 
まあ、今になっては
懐かしくいい思い出なんですが。
 
 
でもこれって、今のあなたにも
もしかして当てはまっている事
かもしれませんよ。
 
 
では、ずばり聞きますね。
 
 
「あなたは今、お客さんに
片想い状態になっていないですか?」
 
 
お客様からデザインの仕事を獲得するためには
当然、広告をしていかなければ
あなたのビジネスは大きくなりませんよね。
 
 
でも、その広告にとって最も悲しい事って
何だと思いますか?
 
 
それが「片想い」
必要な人に「気づいてもらえない」
ことなんです。
 
 
あなたに依頼すれば、
お客様は今抱えている悩み、
課題から解放されるかもしれない。
 
 
でも、あなたの強い
メッセージに気づいてくれなければ・・・
 
 
だから、
いかにして「気づいてもらう」か?
これを強く意識してみてください。
 
 
これは僕がクライアントからの
デザインの仕事獲得のために
FAXDMを使った時の例です。
 
 
FAXDMって、見た人に広告と思われると
反応が下がる傾向があります。
 
 
そこで僕がやったこと。
 
 
 
それは・・・
 
 
【普通の書類のように見せて送信】
 
 
その結果・・・
 
 
1000件送って12件の反応。
(これ、まあまあいい数字です)
 
 
つまり、あえて文字を小さくする事で
 
 
「目立たせて気づかせる」
 
 
ようにしたのです。
 
 
もう1つ、僕のクライアントさんの成功事例。
 
 
デザイナーをしているTさんは
PPCというオンライン広告で
Tさんのランディングページに誘導し
クライアントから仕事を獲得していました。
 
 
でも受注がイマイチ。
 
 
そこで、その広告文を見せてもらうと
ライバルに埋もれてほとんど目立っていない。
しかも、重要なキーワードも使われていない。
 
 
早速、広告文を目立たせるものに
変更してABテストをした結果
コンバージョン率が2倍近くに上がりました。
 
 
いかがでしょうか?
 
 
目立って「気がついてもらう」
これ、しっかりとできていますか?
 
 
もしあなたの広告が片想いになっていたら
今すぐ見直してみてくださいね。
 
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!