こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりを
サポートしている山口です。

 

すっかり寒くなってきました、
体はクールですが、
ここ数日はメンバーさんとのセッションで
頭はホッカホカです笑

 

あなたが、クライアント獲得で
サイトを作る、ブログを書く、
この目的はこれではないですか?

「受注サイトの反応を上げたい」

 

「もっと集客率を上げて
 クライアント数を増やしたい」

 

そのために、これをしっかり
意識していますか?

 

「相手の思いを分かる」

 

これが、反応を上げるための
コミュニケーションのスタートです。

 

相手、つまりターゲットにしたい人の
悩みや課題をちゃんと
分かろうとしていますか?

 

と言うか、超大前提で
ちゃんとターゲットが
定まっていますか??

 

これが出来ているか
確認するいい方法がありますので
お伝えします。

 

それは・・・

 

「顧客目線で書かれているかどうか?」

 

あなたのサイトやブログ、DMの文章、
これらがクライアント目線で
書かれているかどうかという事です。

 

ポイントは、

 

========
主語が「YOU」
========

 

つまり、「あなたは・・・」
の見せ方になっていますか?

 

なっていたらOKです。
素晴らしい!

 

見込みクライアントは
きっと共感し、
スクロールして読んでくれるでしょう。

 

でも、、、

 

もし、「I」
つまり「私は・・・」
になっていたら要注意です。

 

この先に待っているコピーは
きっとこんな感じのもの。

 

デザイナーさんなら
「私はこんなデザインが得意で・・・」

 

例えば治療院の方なら
「私の施術方法は・・・」

 

これだと自己PRに
なってしまいますよね?

 

クライアント、お客さんが
本当に望んでいるのは
あなたのすごさや売りではありません。

 

それによって、

 

【自分がどう変われるか?】

 

ここなんです。
だって、読む人は
「自分事」かどうかで判断しますよね?

 

それが、赤の他人の
自慢話に耳を傾ける暇なんて
普通ありません。

 

ここが伝わるようにするためには、
「相手を理解するヘッドライン」

 

これが出来ているかどうかで
反応を大きく左右してしまいます。

 

もし、なかなか
反応が思わしくない・・・

 

そんな時の原因の1つとして、
今日のポイントを
チェックしてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!