NO IMAGE
こんにちは、フリーランスなどのデザイナー専用
集客コンサルタントの山口です。
 
「反応、反響がとれる広告を
 作れるようになりたい」
 
 
これは、デザインをしている人なら
誰しもが思う事ですよね。
 
 
クライアントの広告はもちろん
自分のクライアント獲得・集客のための
広告でもそうです。
 

 
これからのデザイナーは
成果を出せるものを提案して作れるかが
必要条件なってくるのは言うまでもありません。
 
 
どんなにデザインがいいものを
作る事ができても
 
 
肝心要の
 
 
「アクション」
 
 
これにつなげられなければ
当然成果は出ないことになります。
 
 
逆に言うと、アクションにスムーズに
案内するのがデザインだから
そういう意味ではデザインも重要なわけです。
 
 
WEBでのUI/UXデザインも
とても大事というわけですよね。
 
 
では、質問です。
 
 
この反応、反響がとれる広告を
作る時に、あなたはこの作業を
毎回必ず行っていますか?
 
 
===================
デザイン前に絶対やるべき2つの事とは?
===================
 
例えば旅行に行く場合、
あなたは無計画に家から飛び出す事は
しませんよね?
 
 
・どこに行って何を楽しむか(目的)
・どんなルートで旅をするか(順番)
 
 
目的と順番を決めずに
行き当たりばったりの
旅に出かけたら・・・
 
 
スリリングかもしれませんが
ビジネスにそれは不要ですよね(笑)
 
 
必ずプラン=設計図を描いて
ワクワクで出かけるはずです。
 
 
家を建てるのも同じ。
誰がどんな生活を送りたいのかを考えず
設計図を作らず建てる人はいません。
 
 
でも、でも!!
 
 
僕らの仕事の「広告制作」になると
なぜかここをすっ飛ばして
しまう人がとても多いのです。
 
 
冒頭でも言ったとおり
広告の目的はアクションを起こして
もらうことです。
 
 
そのためには、
 
 
【何をどの順番で伝えていくか】
 
 
この設計をしっかりしてから
デザインに取り組まないと
反響を上げることはできません。
 
 
僕は毎回、だいたい次の2つの手順で
この設計を行うようにしています。
 
 
■チェックリストをフル活用する
 
僕は業務の効率化のためにも
いろんなチェック項目を用意しています。
 
 
例えば・・・
 
・絞り抜いたターゲットはどんな人?
・その人が眠れないほど悩んでいることは?
・その人が喉から手が出るほど実現したい未来は?
・その人に信用してもらうためには何を見せるべきか?
 
などなど・・・。
 
 
一覧にまとめておくと
すぐにチェック出来て便利です。
 
 
しかも1つずつつぶしていく事で
的を射た広告を作れるようになので
一石二鳥ですよ、これ。
 
 
■構成を決める
 
内容が決まったら、次はどんな流れで
見せるかの順番決めです。
 
 
よく使うパターンが
「PAS」という鉄板の型です。
 
問題を提起⇒あおる⇒解決策へ
 
とつなげていく見せ方ですが
これを使うと
 
 
興味・関心を引き、
読み手をアクションへ
つなげやすくできます。
 
 
いかがでしょうか?
 
 
いきなりデザインから考えて
作っていたらそれは御法度です。
 
 
反応を取る、行動が起こる
広告作りにこの作業はマストです。
 
 
習慣になっていない人は
すぐに改めてみてください。
売れるデザイナーの鉄則ですので。
 
 
それでは次回もお楽しみに!
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!