NO IMAGE
こんにちは、フリーランスなどのデザイナー専用
集客コンサルタントの山口です。
 
最近はぶら下がり健康器で
猿みたいにストレッチする事が
日課になってます(笑)
 
 
パソコン使ってると、腕を伸ばしたり
肩まわりをほぐさないと仕事にも影響出るんで
ストレッチはめちゃ大事ですよね。
 
 
さて、今日のテーマ
 
====================
デザイン受注で広告を使うべき理由
====================
 
「デザインの受注が不安定で売上が厳しく、
 なかなか広告に予算をかけられない・・・」
 

 
よく聞く悩みですね。
でも、それとは矛盾して、
 
 
・クライアントをもっと獲得したい
・売上げをもっと増やしたい
・ビジネスをもっと大きくしたい
・知名度をもっと上げたい・・・
 
 
こんな本音も聞こえてきます。
 
 
これらの願望を実現させるためには
広告に投資するのが
やっぱり一番早く、即効性があります。
 
 
でも、
 
 
「なかなかお金を使うことに
 躊躇してしまって・・・」
 
 
コンサルしていると
悩みを抱えているデザイナーさんが
多いのも事実です。
 
 
そんな場合、この数字を押さえておくと
この悩みから一気に解放される事が
可能になります。
 
 
その数字とは・・・
 
 
 
 
==========
【 L T V 】
==========
 
LTVとはライフタイムバリューの略で
「顧客生涯価値」という言い方もします。
 
 
簡単に言うと、クライアントさん1人が
あなたとの一定の取引期間で、どれだけの
利益をもたらしてくれるか。
 
 
これを表した数字です。
 
 
それでは質問ですが
あなたはこの数字を把握して
日々のビジネスをしていますか?
 
 
今までの経験上、
この数字を知らないでフリーランスなどの
デザイナーさんが
9割以上と言ってもいいでしょう。
 
 
または、知ってるけどしっかり
記録していない人がほとんど
なんですよね。
 
 
でも、この数字を押さえてるのと
そうでないのとでは、その後に
雲泥の差が生まれてきてしまうんです。
 
 
例えば、デザイン案件獲得のために
Facebook広告を試しに5万トライしてみたけど
その時の利益が5万以下だった・・・
 
 
これって、失敗ですか??
 
 
どうでしょうか???
 
 
答えは「ノー」です。
普通に考えたら成功です。
いや、大成功かもしれない。
 
 
だって、通常その後もあなたに
デザインの仕事をリピートしてくれ
利益を与えてくれるはずですよね?
 
 
でも、このLTVを押さえていないと
 
 
【新規クライアント獲得に
いくらまでお金をかけてもOKなのか?】
 
 
ここが分からず
広告にビビる思考に
なってしまうんですね。
 
 
今はリスティング広告など
オンラインでの新規獲得コストは
年々上がってきています。
 
 
僕もやってますが
ヒシヒシと感じています(苦笑)
 
 
ではどうすべきか?
 
 
===================
このLTVを上げるように
マーケティングをしていけばいいんです!
===================
 
そうすれば最初の広告費なんて
余裕で元が取れるようになりますよね?
 
 
そのためには、いかに常連となりやすい
クライアントさんを最初に獲得できるか。
 
 
そして、その後、
どうやって次のデザインの仕事につなげるように
フォローをしていくか。
 
 
このあたりがとーーっても
重要になってきます!
 
 
広告でお悩みの場合、
もしここをあまり押さえていなかったなら
ぜひチェックしてみてくださいね。
 
 
それでは、次回もお楽しみに。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!