NO IMAGE
こんにちは、フリーランスなどのデザイナー向け
集客サポートしている山口です。
 
世間はGWですが、僕は今度のセミナーの
コンテンツを練り直しています。
ぜひ期待しててくださいね。
 
 
さて、先日、あるグラフィックデザイナーさんから
こんなご相談を頂きました。
 
 
「以前よりも制作料を値下げしたのですが
 受注数が増えず困ってます。
 もっと下げないと難しいのでしょうか?」
 

 
というご相談を頂きました。
なるほど、これはシビアな問題ですよね。
 
 
結論から言うと、
僕の答えは「ノー」です。
 
 
その状況になっている
理由は恐らくこれ・・・
 
 
================
魅力的な価値が伝わっていないだけ
================
 
では、逆に今度は僕から質問です。
 
 
あなたはデザイン、制作物の
価値をしっかり見せてますか?
 
 
はっきり言いますけど
当然見せないと価値は
相手に伝わりません。
 
 
でも、ここが出来ていない人が
とても多いのが現状です。
 
 
または、せっかく見せていても、
ターゲットとずれてしまっている・・・
 
 
そんな人も結構います。
 
 
例えば、デザインに自信がある人で
よく見かけるパターンが
 
・高品質
・想いが伝わる
・ブランディング
 
 
これらを主張しています。
 
 
でも、これだけだと
とても弱いんです。
 
 
見せ方も弱いし、
さらに伝えるタイミングも
少ない事が多い。
 
 
ターゲットとなる
クライアントさんが
 
 
【思わず前のめりになるような事】
 
 
それを随所で見せていく
必要があるんです。
 
 
では、どんな見せ方が
いいと思いますか?
 
 
そこで今日は1つ
コツをご紹介します。
 
 
それは・・・
 
 
————————————————————
その後を見せる
————————————————————
 
「○○になれる」
 
「○○から解放される」
 
「○○と周りから思われるようになる」
 
 
『私ににデザイン制作の仕事を依頼する事で
 その後にあなたにはこんな未来が待っているよ!』
 
 
という事を伝えるのです。
 
 
なぜなら、クライアントさんが
本当に望んでいる事は
そこだからです。
 
 
「私のサービスは○○の方向けチラシ制作(WEB制作)です。
 ○○の方に向けたサービス、なので・・・」
 
 
ここを見せる事でクライアントさんは
あなたに頼んでみよう
という気持ちになってくれます。
 
 
そして、受注前、打ち合せ、
納品後などでも伝えて行くことで
あなたのファンにもつながりやすくなります。
 
 
いかがですか?
 
 
安易に値下げすると、近いうちに
あなたの首を絞める事になります。

フリーランスなど個人でビジネスをしている人は

価格競争=敗北を意味します。
 
 
ぜひ、このあたりを
一度見直してみてくださいね。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!