こんにちは、フリーランスデザイナーなどの
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりを
サポートしている山口です。

これは先日、電力プランを見直すために
某事業所に電話した時の話です。


=============

◆動画で詳しく
理解したい人はコチラ◆

『フリーデザイナーが
 単価を今すぐ上げるワザとは?』

==============

現状を踏まえて、
担当のオペレーターさんにご相談。

他の代替プランと料金の計算が始まった
と思ったら・・・

おいおい、
ちゃんと聞いていたんかーい!(苦笑)
と言いたくなる高い料金をご提示。

他の提案を催促したのですが・・・
問題はここから。

担当のオペレーターさんが

「それらな先ほどご提示したプランより
○○円下げたこちらのプランだと
ご希望に近いかと・・・」

このオペレーターさん、
なかなかうまいな、
と思わずうなってしまいました。

多分ですが、、、

最初にあえて高めのプランを伝えてインパクトを与え、
その後に下げた価格を伝え
「お得感」を与えてきたわけです。

これ、「アンカリング」と言い、
最初にこちらが掲示した値段が印象に残ってしまって、
後の判断に影響を与える心理を『アンカリング効果』と言います。

例えば、フリーランスのデザイナーなら、
パンフレット制作で

「通常○○○円のところ
今だけ初回お試しでご提供します!」

こんな感じで、まず先に高い価格を見せた後に
お試しの割引価格を提示。
しかも今だけの限定で。

こうする事で、お試し価格を
いきなり見せるよりも
安く感じて受注してもらいやすくなるわけです。

他にも、例えばWEBサイト制作の場合なら、

料金プランを複数用意し、
最初に高額プランを見せて、
その後にノーマルプランを見せるとかにも使えますよね。

これでノーマルプランに申し込みが
入りやすくなったりします。
こんな感じで意図的に、

————————–
あなたの売りたい価格を
安く見せる事が可能になるのです!
————————–

ちなみに何もこれは価格だけの事では
ありません。

例えば、通常、WEBサイト制作で
フレームワークを出す予定日を
クライアントに伝えますよね?

これを、伝えていた予定日より
早めに出すことで

「この人仕事が早いな」

と思わせられる、
こんな効果も期待できますよね。

いかがでしょうか?

今日お伝えした内容は
ちょっとしたテクニックのお話になりますが

上手に活用する事で
制作サービス内容はそのままで
単価を上げる事が可能にもなります。

(注意として、実際に提供している価格よりも
高く見せてしまうと景品表示法
に触れるので気をつけてください)

いずれにしろ、これはあくまでテクニックであり、
本質は、

あなたが狙うべきターゲットに
「価値」をしっかりと伝える事で
「価格」を決めるという事ですからね。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!