NO IMAGE

フリーデザイナーが売上下がった時に絶対やってはいけない事

こんにちは、フリーランスなどの
デザイナー集客コンサルタントの山口です。

ちょっとシビアですが、
先日こんなご相談を頂きました。

「フリーのデザイナーで活動しているんですが
 昨年からデザインの受注が2割ほど落ちてます。
 
 でも、何から手をつけていけばいいのか
 分かりません・・・」

何から始めたらいいのか。
何を、どの順番で行っていけばいいのか
分からない。

自分の事になるとマーケティングって
急に客観視できなくなって
しまいがちですよね。

就職活動がスタートしたが
「やりたい事が見つからない」
これに似てるかもしれませんね。

結論から言うと、
まず、何から手をつけるべきか?
これはけっこうすぐに答えが出ます。

この場合は、今のあなたのフリーランスデザイナーとしての
マーケティングに一番影響を与えられる事から
取りかかればいいでしょう。

例えば、現状のマーケティングで
一番足を引っ張ってしまっているポイントが
あればそこの改善からです。

クライアントさんからの
リピート受注が弱いならリピート率の改善

って事ですよね。

でも、今回の質問だと
そもそもどこがネックになっているかが
見えない。

これはちょっとやっかいです。

でも、こんな時に絶対に
やってはいいけい事があります。

それは・・・

 

 

【スルーしてしまう】

問題が分からないから
何もせずにそのままでいる。
これが最も避けるべき事です。

こんな場合の正しい方法は
「動いてみる」という事です。

つまり、

 

「デザイン制作の受注数が落ちて来ている」

「制作単価が下がって来ている」

これらの問題が見えなくなっている
原因は

——————————————
動いていないから
問題が見えなくなっている
——————————————

こんな場合も多いんですね。
僕も起業したての頃は、

「どこをどうすれば
 売上げって安定して上げられるの??」

焦りまくり、
全くの手つかずだった頃があります。

そんな僕でも、営業せずに
毎月安定して、デザイン案件が自動で
ガシガシ入ってくる状態を作る事ができた、

これは、その時に
出来るところからでいいので
「動くこと」を優先させてからです。

ブログを書いてみる
LPを作ってみる
PPCを試してみる
FAXDMを送ってみる

などなど・・・

もちろん、しっかりと
仮説を立てるのは前提ですが
動いてみると必ず何か変化が出てきます。

なので、もしそこで悩んでいるなら
ぜひ、サッと計画して
サクッと動き出してみてください。

あんなに悩んでいたのが
もったいなかった・・・

1ヶ月後にはそう思えるように
なるかもしれませんよ。

成果出しまくっているフリーランスデザイナーの
共通点、それは・・・

「即決、即行動」ですからね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!