フリーデザイナーで、良いデザイン作れても売れない理由とは?

こんにちは、山口です。

突然ですが、僕のメンバーさんで、
ある業界に特化したWEBサイト制作をしている
フリーランスデザイナーのKさんがいます。

先日、Kさんの受注用ページの
戦略を練っていたのですが、

最初に見せてもらった
ヘッドラインがこれでした。

「もっと売れるWEBページを制作します」

詳細はお伝えできませんが、
こんな趣旨のタイトルだったのです。

結論から言うと、
この見せ方ではめちゃ弱すぎ。
ここのどこが弱いと思いますか?

ズバリ、、、


「明確になっていない」

ホームページは典型的な
プル型のメディアです。

プル型とは、すでに解決策を
求めている人に見せるタイプのものです。

積極的に「ある事」を探しに来ているので
明確な答えがないと
反応が弱くなってしまうのです。

なので、ここはあえて
「企てる事」が
必要になってくるのですが

この「企て」で
つまづいている人が
めちゃくちゃ多いのです。

ファーストビューで、

「誰に向けた」
「どんな事ができるサービス」
「圧倒的な違い(USP)」

そして

「何をして欲しいのか」

ウェブサイトの滞在時間が
短くなっている今、
最低限これは入れないと反応はきついです。

話を戻し、フリーランスデザイナーの
Kさんの強みは写真・画像をたくみに使った
デザインだったので、

企てによってターゲットを
写真をメインに取り入れたい人に。

そして、

写真を上手く活用したホームページ制作で
得られるメリットに焦点をあてた
メッセージにガラリと変更。

これに変えた結果・・・

このメリットに反応した人から
問い合わせがドンと増えました。

売れるヘッドライン作りのために
最低限のことだけど1人でやってみると
けっこう難しいのは事実です。

あなたの受注サイトなど、
この企てはしっかりと
クリアできてますか?

いくらデザインが
クールで上品でおしゃれでスタイリッシュで
ミニマルでフラットでアーバンでも・・・

ここが機能していないと
フリーランスデザイナーの
安定受注は遠くなります。

ぜひもう一度
チェックしてみてください。

最新情報をチェックしよう!