こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組み化を
サポートしている山口です。

 

これは、僕が主宰している
フリーランスデザイナー向けプログラムの
メンバー加入したSさんのお話です。

 

Sさんは、女性向けのリーフレットや名刺、
ロゴデザインなどを得意とする方。

 

僕の所にご相談に来るまでは
クライアント獲得用の
WEBサイトの成約率がかなり悪い状態。

 

早速チェックさせて頂いて、
僕が彼女に最初に放った
言葉はこれでした。

 

「分かりづらい!全て!」

 

そう、

 

何度も何度も
読み込まないと

 

これ、誰向け?

 

で、何が言いたいの?

 

んで、どうして欲しいの?

 

こんな言い方はしてませんが(笑)
内容としてはこんな感じでした。

 

こういう症状が出てる場合は
僕ははっきり言います。

 

だって、このままだと
仕事を獲得するのが難しい事は
目に見えているから。

 

そしてこれまで、
僕のアドバイス通り改善した方の
9割近くはコンバージョン率は改善しています。

 

そして、一貫して分かりやすく
コンバージョンを上げるコツがこれ

 

============
ゴールから逆算して作る
============

 

例えばドライブ。
目的地を決めてから
アクセル踏みますよね?

 

または
日々のデザインワーク。

 

グラフィックデザイナーなら
サムネイルやラフ作り。

 

WEBデザイナーなら
ワイヤーフレームあたりですよね?
(今ならXDもあって便利ですよね)

 

そう、目標が決まってから
本格的な作業に
着手しているはずですよね?

 

これ、新規クライアントさんを
獲得する媒体作りでも
全く一緒です。

 

反応が取れない・・・
コンバージョン率が悪い・・・

 

要因はいろいろ考えられますが
その1つが、

 

逆算して構成できていない
パターンなのです。

 

「お尻から」
考えるのが大事という事です。

 

では、実際に逆算して
考えてみましょうか?

 

受注サイトの場合なら、

 

最終ゴールはもちろん
コンバージョンしてもらう事ですよね?

 

つまり
「行動」を起こしてもらう
という事です。

 

その行動を起こしてもらうためには
当然、これが強くないと
いけないのです。

 

「オファー」

 

オファーとは
特別な条件という意味です。

 

反応取れないデザイナーさんは
ここも弱いパターンが多いです。

 

最悪な場合

 

「オファーが無い!」

 

こんな方も一定の割合で
います(苦笑)

 

これではクライアント獲得
できなくても無理は無いです。

 

ここで魅力的なオファーを
入れたら・・・

 

次はそこから1つ
さかのぼってみましょう。

 

このオファーに
より興奮してもうらために、

 

【あなたのデザインサービスの価値】

 

を伝えます。

 

どんなメリットが
得られるのか?

 

ここで感情を揺さぶって
オファーにつなげる事で
興奮がマックスになります。

 

そしてラスト、もう1つ
さかのぼると・・・

 

もうお分かりですよね?

 

そう、ここです。

 

「ヘッドライン」

 

残念ながらここで見込みクライアントに
気づいてもらえないと全て台無しなので
ここはしっかり作り込みます。

 

だから、、、

 

ターゲットを絞る
という事はとーっても重要な
わけなんです。

 

せっかく最高のオファーを用意しても
はなっからシカトされたら
泣くになけないですよね?

 

いかがでしょうか?
この流れ、しっかりと
できていますか??

 

くれぐれも、ここがグラついてる状態で
広告代理店などにノセられて
大量の広告投下はしないでくださいね。

 

逆算して、軸がしっかり通るようになってるか?
チェックしてみてください。
では、また!

最新情報をチェックしよう!