フリーデザイナーで単価も受注もアップさせる秘訣!

こんにちは、フリーランスのグラフィック・WEBデザイナー向け
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりを
サポートしている山口です。

「制作時間はめっちゃかかってるけど、
 売上げがなかなか伸びない。
 でも、単価を上げたら依頼が減るかも・・・」

あなたはこんな悩みを
一度は抱えた事はありませんか?

確かに、むやみに値上げしてしまうと
顧客離れを引き起こしてしまう
可能性はありますよね。

でも、ちょっと待ってくださいね。


もしかしたら、
ここで何か「ミスマッチ」がおこっているから、
あなたのビジネスのバランスが崩れている
可能性もあるのです。

ミスマッチとは、
ズバリこれです。

「マーケット」(市場)
「ターゲット」(誰に)
「メッセージ」(何を)

ここで食い違いが起きてるから、、、

本来ならもっと単価アップしても受注できる所を
無駄な値下げをしてしまっている
可能性がけっこうあるのです!

僕が主催している
「集客デザインプログラム」のメンバーさんで
グラフィックデザイナーのTさん。

一定のクオリティ以上の
パンフレットやカタログを作れる腕は
持ってるのだけど、

某クラウドサービスと紹介でしか
注文を取っておらずに
売上もかなり伸び悩んでいました。

そこで、いろいろとヒアリングし
僕が変えてもらったのはここです。

「売る場所」

案件獲得する場所を
変えてもらうようにしました。

つまり、

もっと単価を上げても依頼が入りそうな
マーケットに変更したのです。

なる早で受注を増やしたいという
本人の希望があったので早速オンライン広告から
スタートしたのですが、ポイントはココ。

あるキーワードで検索すると
ライバルが弱くなるマーケットを
狙ったのです。

これが、ビンゴ!!(笑)

単価を3倍まで引き上げたのにもかかわらず
競合よりも優位に立てたおかげで
CVR(成約率)、

つまり受注を、
前年より2倍近くまで
増やす事に成功したのです。

今は、リピート対策に力を入れてもらってるので
外注先の確保をやらないといけないという
とても嬉しい状況になっています。

いかがでしょうか?

あなたも、もしかしたら
かなりムダな値下げをしてしまってるかも
しれません。

適切な「マーケット」で
適切な「ターゲット」に
価値ある「メッセージ」

を届ける事で
今の状況を大きく変える事は可能です。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!