フリーデザイナーとしての今の肩書き、疑ってみてください!

こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりを
サポートしている山口です。

 

「ここしばらく、自分の方向性に迷ってしまい
 どんなデザイナーとしてこれから事業を
 していけばいいのか少し悩んでいます。。。」

 

これは、ある方から先日頂いた
ご相談です。

 

続きの内容もあり、その方に
アドバイスした事はこれ・・・

「今のあなたの肩書きが
 間違っている可能性大ですよ!」

 

どういう事?
って声が聞こえてきそうですね(笑)

 

僕た言いたかった事は、

 

【視点を変えてみましょう】

 

と言う事です。

 

・受注が不安定
・単価が低い
・新しいクライアントを獲得できない

 

これらに共通する原因として、

 

今のあなたのポジションの
見せ方が弱いか、ハッキリ間違っている
パターンが多いのです。

 

そして、ここがその後の
マーケティングを左右する
重要なポイントでもあります。

 

なので、

 

僕が主催している
デザイナー向け集客プログラムのメンバーの方には
客観的に見て、問題点はないか??

 

 

まずはここをしっかり
「疑う事」から始めるようにしてます。

 

例えば、あなたの
今の肩書きの内容が、

 

「フリーランスでオシャレな
 チラシやカタログの
 デザインをしています!」

 

的なものだったとしましょう。

 

こんなチクリともしない
言い方しても、

 

いいとこ、知り合いや
たまたまその時は他になかった人を
獲得できる程度です。

 

なので、
この視点をひねって変えてみる事が
とーっても重要になるのです。

 

クライアントは
どんなチラシやカタログを作りたいと
思ってるのか?

 

っと言うか、
そもそもそれを本当に作りたいと
思っているのか?

 

あなたが獲得したいクライアントの
根っこにある

 

「悩み」「課題」「願望」

 

ここから、肩書きを考えることで
そこに目をとめたクライアントに
気づかれやすくなり

 

——————
ユニークで斬新な
制作屋さんになれる!
——————

 

シコシコ作るのが好きな
多くのフリーのデザイナーさんは
とかく視野が狭くなりがちです。

 

俯瞰して、今までとは
ちょっと違った見方でみる事で
新たな気づきが発見できれば、

 

一気に売れるデザイナーになる事が
可能になるわけです!

 

そうは言っても
自分の事となると難しいですよね??

 

はい、ハッキリ言って
僕も激ムズでした。

 

なので、今までかなりの投資もして
その見つけ方やマーケティングを勉強してきた
おかけで、今はすっかり得意になりましたね。

客観的に、あなたの強みの見つけ方や
今後の方向性が分かる2月のミニセミナーを
25日に募集スタートします。

 

少人数制のため、
定員になり次第締めきりになりますので
ご了承ください。

それでは、またメールしますね!

最新情報をチェックしよう!