フリーデザイナーはこの3つのガードを突破せよ!

こんにちは、フリーランスデザイナーなどの
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりを
サポートしている山口です。

東京も桜が咲き、いよいよ春って感じですね。

「お客さんをもっと増やしたい」
「安定して制作案件を受注したい」

これもとても春らしく
耳ざわりのいい言葉です。

さて、これを実現させるために
あなたがやるべき事があります。

結論から言うと・・・

—————————————-
3つの「どうして」を制する
—————————————-

あなたはこんな経験したこと
ありませんか?

月末、気づいたら財布の中が
ほっそりスリム状態・・・

または、通帳を見れば
あれこれ引かれてため息状態・・・

白状しますね。

今だから言えるけど
僕も昔は顔面蒼白になった事が
数回あります(笑)

ビジネスは投資です。

残高が減る → だから投資できない → さらに減る
本来は、こんな状態になる前に
正しいマーケティングで手を打つべきです。

そして投資、つまりレバレッジによって
利益を作っていくのが正攻法なんですよ。
安定、コントロールの意味では。

ところが、あなたのお客さんは
そうはいきませんよね?

あなたも同じで、

買う側、お客さんになると
とたんに容赦なく
お金を使うことにはシビアになりますよね?

そのカチンコチンのガードを
ゆるめるために、次の3つのガードを
クリアする必要があります。

その3つのガードとは・・・

◆1.どうして、このサービスを利用しないといけないのか?

よくあるミスがこれ、
「これは今のあなたに必要なサービスです!」

残念ながら、こんな事だけを見ず知らずの人に
言われても反応してくれません。

「○○の状態を解決するにはこの○○制作サービス!
 このプランであなたの○○がもっと・・・」

こんな感じで、ポイントは
「欲しい」気持ちに持っていく事がキモです。

◆2.どうして、あなたに依頼しないといけないのか?

はい、とても多くのデザイナーさんが
つまづいているポイントがココ!

なぜ「あなた」なのか?
他に作ってくれる人はゴマンといるのに。
あなたは明確な「違い」をつきつけてますか?

◆3.どうして、今依頼しないといけないのか?

人間はとっても楽チン好きな動物です。

「まあ、またにしよっか」

せっかく関心示してくれても
何の悪気もなく、
こんな感じで去ってしまうわけです。

ここをトドまらせるためには
トドめを刺す必要があります。

「今ご注文いただくと限定で・・・」

無視できない強いオファーが
ストッパーになってくれます。

いかがでしょうか?

あなたはこの3つの質問に
よどみなく即答できましたか?

これがスラスラと言えないなら、
これまでに多くのお客さんを
逃してきてしまっているかもしれません・・・

お客さんが「カッチカチやぞ」
と言わんばかりのガードをくぐりぬける事が
フリーデザイナーとして
収益アップの第一歩になります。

ぜひ、スパッと答えて
お客さんをガッチリつかまえられるように、
参考にしてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!