フリーランスデザイナーがお客を絞るべき2つの理由

こんにちは。
フリーランスのグラフィック・WEBデザイナー向け、仕事獲得・年収アップの仕組みづくりをサポートしている山口です。

「新規顧客から受注を増やしていきたいと思ってます。営業活動などでやっぱりターゲットは絞った方がいいんでしょうか?」

先日、フリーランスのWEBデザイナーの方からこんなご相談を頂きました。続きのメールに書かれていた事は、ターゲット決めで迷っている理由として現状、いろいろなタイプのお客さんから制作案件の依頼を受けているからとのこと。

「対象にする人を絞って集客するとお客さんが減るのでは??」

はい、確かに悩むところですよね。限られた資金の中で出来るだけ多くの人をお客、クライアントにしていきたいと思うのはごく普通の事だと思います。
特に今が多方面から仕事が入っているなら、なおさらだと思います。でも、結論から言うと


「絞るべきです」

理由を2つお伝えします。

1つめはこれ。

「意図するお客さんを獲得するため」

例えばフリーランスデザイナーの場合。チラシやWEBサイト制作などのサービスって「誰でも」お客さんとして対象になりますよね?その「誰でも」の中で、あなたがこの先、お客さんとして

【取引していきたい人はどんな人なのか?】

ここを意図的に選別する必要があるからです。「こんな人と取引していきたい」という願望はきっとあると思います。
一方、その逆で、「こんなお客は無理」とかも、口には出せなくてもきっとあるはずですよね?(笑)どんな人だってウェルカムという事はほぼないと思います。

つまり、あなたがこの先、

—————————————————-
どんな人をお客さんにしたいか?
どんな人をお客さんにしたくないのか?
—————————————————-

ここをハッキリさせるため絞るべきなのです。ここを絞らず、来る者拒まずで依頼を受けてしまうから、その後の仕事上でのやりとりでいろいろ問題が出てきてしまうのです。(この手の相談も最近増えてますね)
今後、何回もリピートしてもらい長い付き合いをしていくためにも、意図的にお客さんを決める必要があるのです。

そして2つ目の理由。絞る事で、ある「とっても良い効果」をもたらしてくれるからです。その効果とは・・・結論から言うとこれです。

「多くの見込み客を獲得できるから」

なぜなら、対象を絞る事でメッセージが鋭く、明確になるからです。伝えたい事が明確だと、明確だから読みやすく伝わりやすくなりますよね?
そのため、ターゲットだけでなく実はその周りにも刺さりやすくなります。結果、多くのお客さんを獲得しやすくなるというわけです。
これは、実際にチラシやWEBサイト制作しているフリーランスのグラフィック・WEBデザイナーの人は仕事を通じては実感している事だと思います。

僕の事例を1つ。今はフリーランスデザイナーさん向けの仕事獲得、年収アップのサポートをしていますが、実はフリーデザイナーさん以外にフリーランスの設計士や、さらに店舗ビジネスの方からもけっこう相談を頂きます。これはメッセージが周りにも波及しているからだと思います。

これとは逆で、最初から多くの人に向けた八方美人型のメッセージだと、

「多くの事を同時に伝える」

という事になりますよね?その結果、何が言いたいのか、焦点がぼんやりしてしまいとっても大事な「あなたの売りが何なのか?」がよく分からなくなってしまいます。
さらに「多くの事を同時に伝える」事で言いたいことが多くなるので内容がめちゃくちゃ複雑になりますよね?これは今の情報時代にとっては致命的、即スルーされちゃうわけです。

だって、チラシやWEBサイト、基本、ワンテーマでシンプルに仕上げますよね?でも、自分事になると、平気でみなさんやってしまうのです。もう、ほんとに(苦笑)

いかがでしょうか?対象を絞る事で、集客数が増える。欲張って多くのお客さんを獲得しようとすると逆に減ってしまう・・・
そのために、まずは、あなたは「どんな人をこの先お客にして行きたいか?」ここを必ず明確にしてみてください。

そして、その人へ向けてメッセージを作り、マーケティングプランを考えるようにしてみてください。これが、この先フリーランスのグラフィック・WEBデザイナーとして安定的に受注・収益を上げていくとても重要なポイントになります。くれぐれも八方美人にはならないようにしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!