フリーランスデザイナーがこれを1つ足すだけで・・・

こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組み化を
サポートしている山口です。

 

先日、フリーランスで活動されてる
デザイナーさんから
こんなご相談を頂きました。

 

「これまで自己流で案件を獲得してきましたが、
 この先に限界を感じ、ちょうどメルマガを拝見して
 相談させて頂きました。
 ちなみに僕のサイトはこちらです・・・」

 

WEBサイトを拝見すると
そこにはこんな見出し・・・

「高品質なチラシを作りします、
 価格は○○円から
 見積もり無料です」

 

ごめんなさい、そう添えて
この方にもズバリお伝えしましたが

 

これがとーってもよくある間違いなんです。

 

これではお値段で選んでください
と言っているようなものです。

 

じゃあ、どうすればいいの?

 

あなたが選ばれるデザイナーになるために
ちょっとこのエクササイズに
トライしてみてください。

 

その内容とは・・・

 

【あなたの肩書きに
 特徴を2つ入れてみる】

 

肩書きって、名刺やタグライン などで
一言であなたのサービスが
どんな価値を提供できるか?

 

これをコンパクトに
伝えるものですよね?

 

ここに、特徴や売りとなる要素を
2つ入れてみるのです。

 

例をあげると

 

「高品質なチラシをデザインします!」

「初案1日提出!すぐ欲しいに対応!
 高品質なチラシを最速でお届け○○サービス」

フレーズをちょっと足しましたが
「高品質」に「速い」という要素が増えただけでも
前者に比べてシャープさが増しますよね?

 

ちなみに、この「2つ入れて説明」は
神田昌典さんが提唱しているものです。

 

そしてさらに、

 

刺さりやすいものになったら次に、
もう少し魅力を引き立たせるための
こんな小技を使うと、より効果アップします。

 

ちょっとだけ紹介しますね

 

◆「簡単」ワードを使う

初めて注文するクライアントさんは
不安を抱えると同時に、
楽ちんさも求めています。

 

「初めてだけど、あんま知識ないけど
 こんな自分でも作れるのか・・・」

 

そこで、

 

「誰でも簡単に制作できる」事を
イメージさせてもらえる言葉を使うと
受注につながりやすくなります。

 

◆「新しい」ワードを使う

人はとにかく新しいものが好きな生き物です。

 

「新登場」「新発想」

 

こんな言葉に弱いのです。
あなたも多分そうですよね?

 

なので、こう言った言葉を
上手く取り入れられないか
考えてみてください。

 

◆パワーワード

これは言葉の通り、パワフルで
見る人の心に突き刺さる
強い印象を持つ力ある言葉のことを言います。

 

「劇的に」「バカ売れ」「全額返金保証」

 

インパクトを出したい時にとても有効です。

 

いかがでしょうか?

 

ワードに関しては
これはあくまでテクニック
「戦術」になります。

 

・安定的にクライアントを獲得する
・高単価でも受注できるようになる

 

そこに必要なのは「戦略」です。

 

正しい「戦略」抜きでは
フリーランスのデザイナーとして生き残るのは
今後ますます難しくなるでしょう。

 

戦略をよーく考えた上で
2つの特徴を盛り込んで、選ばれるように
していってみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!