こんにちは。
フリーランスのグラフィック・WEBデザイナー向け、仕事獲得・年収アップの仕組みづくりをサポートしている山口です。

さて、僕が主催しているフリーランスのデザイナーさんなど向けの集客サポートプログラムがあります。特典として定期的にお送りしている動画セミナーがあるのですが今回のテーマはこれを選んでみました。

ズバリ・・・

「反応上げる広告ヘッドラインの作り方」

ヘッドライン、つまりキャッチコピーの部分ですが、広告を作るフリーランスのグラフィック・WEBデザイナーにとってこのパーツの重要度はより高まってきています。なぜなら、情報量が多い現代、あなたが作る広告は


「簡単に無視されてしまうから」

ヘッドラインは、あなた自身の受注用のサイト・ブログやDMはもちろん、あなたのクライアントの広告にも影響を与える重要なパーツになるわけです。
現代広告の父、デビッドオグルビーはこんな事を言っています。

「ヘッドラインで商品を売らない限り、あなたは入ってくるはずのお金の90%を無駄にすることになる」

そもそも広告って集中力を持って読まれるもんじゃないですよね?スマホ片手にぱかぱかスクロール、パソコンでさくさくネットサーフィン、ポストを開ければチラシやDMの山・・・

こんな感じで、毎日大量の情報を浴びている中、広告を読んでもらうためには、

——————————–
自分事として
ヘッドラインで気づかせる
——————————–

ここが一番重要になってきます。見た人が一目で「自分の事だ」と反応してくれるヘッドラインが作れればその先も読んでくれますよね?そして、反応上げるヘッドラインが作れば
こんな2つのメリットも得られます。

・あなたが作ったクライアントの広告の反響が増える
・あなたの案件の受注率が上がる

また、これは何も広告だけではありません。あなたが営業先などで最初に伝える内容も、広告で言うヘッドラインの部分になってきますよね?
その一言で、、、あなたの話にしっかりと興味を持ってもらえるかどうかが決まってくると言っても過言ではないと思います。

いかがでしょうか?あなたは今、目にとまる、耳にとまるヘッドラインを作れていますか?お客さんにしたい人が「もっと聞かせてください」となっていますか?

そして今回はもう1つ、とても重要なポイントがあります。

あなたがもし、あなたの制作したチラシやWEBサイトなどの広告をクライアントがリリースした結果、

「元が取れません!どうすればいいですか??」

こんな言葉を頂戴したらなんて答えますか?ちょっと考えてみてください。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

「そうでしたか、すいません、もう一度作り直しましょう」

こんな答えをしてしまったらアウトです。一から出直してください(苦笑)
ちょっと考えてみてくださいね。広告はそもそも「投資」です。つまり、投資する事で、「リターン」を得るわけですよね?1回のリリースでそれが分かりますか??

例えば、そのクライアントが整骨院のオーナーさんだった場合。10万円の予算であなたにチラシ作成を依頼し、配布した結果・・・

お試し施術3000円で、お試し客20人を獲得したとします。売り上げは、ズバリ6万円!10万円かけて、6万円の売り上げだから

「赤字っすね、、」

とぼやくのが普通ですよね?でも、ちょっと待ってくださいね。この20人のうち、普通、何割かはリピーターになってくれますよね?(腕が悪かった場合は除きますよ)

例えば、20人のうち10人がその後、毎月5000円でリピートしてくれたら1年(12回)で、1人6万円×10人=60万円

初回時の6万+60万=66万円となります。

つまり・・・

1回10万円のチラシで1年後には66万になるという事です。ROIは6倍以上!

このチラシ、配布するだけ儲かるバカ売れチラシだと思いませんか?ところが、多くの人は目先だけに頭がいってしまい、この結果までを見れていないのです。そして、、、

もうお気づきですよね?

これは、フリーランスのデザイナーであるあなた自身が広告でデザイン制作案件を受注する場合ももれなく同じ、という事です。
初めてのクライアントさんは初回は様子が見たいので、お試し価格で提供するのが基本です。

という事は、初回の取引では利益がなかなか生まれないという事になります。でも、その後で、先ほどの整骨院の例にように何度もリピートしてくれる流れが作れてたら?

————————-
後で利益が出る!
————————-

つまり、投資した広告費を回収して利益が生まれるわけです。そして、リピートが多いほど、単価が高いほど広告をかけてクライアント数を獲得するだけ

「儲かる仕組みができる」

という事になるのです。しかも受注を半自動化させコントロールさせることもできるわけです。

いかがでしょうか?部分的にしか見ないと赤字広告と思ってしまいがちですが、全体を見ると、実はとってもおいしい事になっている事が多々あるのです。
そのためには、当然、次の注文へと流れる仕組みが作れてないといけないわけです。

ぜひ、売れるWEBサイト・DMなどのヘッドラインで見込み客を獲得したら、その後の売れる状態へ誘導できるように、仕組みを作ってみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!