フリーランスデザイナーが受注を増やすトレーニング方法

こんにちは、フリーランスデザイナーなどの
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりをサポートしている山口です。

 

「だから、、、何っ???」

冒頭から決して怒ってるわけではありません。
これに答えられないとまずいんです。

いきなりですが、
あなたはこんな間違いしていませんか?

案件獲得のための
営業や、WEBサイト、知人の紹介で

「ニーズをそのまま売っている」

ニーズがあるものを提供するのは
当たり前のことです。

違いは、
多くのフリーランスデザイナーの人は
それを

【そのまま伝えている】

ニーズ、つまり「必要なもの」を見せても
なかなか反応は取れません。

例えば、WEBサイト制作を
獲得したい場合。

いまやモバイルフレンドリーの
サイトは当たり前ですよね?

それをそのまま伝えても
ピント来ない人が多いわけです。

この解決策はこれ。

————————–
ニーズではなく、
ウォンツを売る!
————————–

つまり、

「あ、これこれ。
 こういうサービスが欲しかったんだ〜」

そう思わせるものを
最初に見せた方が
断然売れやすいんです。

これがかなりの
心理トリガーとなります。

そこで今日はちょっとした
エクササイズをご紹介します。

まず、あなたが、
クライアント獲得のために
サイトやDM、営業で必ず伝えないといけないもの、

それは「ベネフィット」です。
つまり、価値のこと。

ここまではいいですよね?

そして、この価値を見てお客さんが

「欲しい」

と思わせるように
もっていかないといけないのですが、
ポイントは次です。

◆ポイント1
「だから」で言い換えてみる。

あなたの売りや特徴を
いくつか書き出してみてください。

次にそれらを
「だから」で言い換えてみます。

そしてその中で、お客さんが
欲しいとアンテナを立てそうなものを
ピックアップします。

これがあなたが
伝えていくべきベネフィットになります。

◆ポイント2
「イージーワードを入れてみる」

これは1に関連するのですが
イージー、つまり、
簡単さを強調してみる方法です。

人は楽ちん大好き動物です。
例えばこんな感じ。

「原稿をFAXで送るだけで制作できる」

「電話でヒアリングに答えていただくだけ、
 あとはお任せください」

こんなワードを入れ込むことで
欲しい度を引き上げる事ができます。

注意としては、このベネフィットは
必ずお客さんが
望んでいるものであること。

めちゃくちゃ当たり前の事ですが
出来てないフリーデザイナーさんも
めちゃくちゃいます(苦笑)

いかがでしょうか?
受注アップに、今のあなたの「ベネフィット」
の見せ方をぜひチェックしてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!