NO IMAGE

フリーランスデザイナーが知っておくべき「最悪な数字」とは?

こんにちは、フリーランスなどのデザイナー専用
仕事獲得・年収アップをサポートしている
山口です。
 
今日は突然ですがクイズです。
 
フリーランスなどのデザイナーで
ビジネスをしている人にとって避けないといけない
「ある数字」があります。
 
 
さて、それは何だと思いますか?
 
・・・・・・
 
・・・・・・
 
・・・・・・
 
 

もったいぶらずにいきますね。
それは、
 
 
 
【1】
 
 
「1は最悪の数字である!」
 
 
これはダン・ケネディの
有名な言葉です。
 
 
マーケティング戦略においては、
 
 
「小さなNo1を作れ」
「ターゲットは1人に絞るべし」
 
 
なんて言いますが
でも、マーケティングをしていくうえでは
別の意味を持つという事です。
 
 
フリーで活動しているデザイナーさんが
1つだけに頼ると、
 
————————————
あなたのビジネスは
非常に危険なものになる
————————————
 
という事です。
 
 
デザイン受注先が
1つの取引先だけ・・・
 
1つのクライアント獲得媒体だけ・・・
 
1つの商品・サービスしかない・・・
 
1つの外注先のみ・・・
 
 
中には
 
「今まで問題なく案件を受注してこれたから
大丈夫だよ」
 
 
と言って他人事のデザイナーさんもいますが、
でも、この1つを失ったら
どう対応できるんでしょうか?
 
 
例えば、僕の事例を
お話しましょう。
 
 
僕は昔はデザインデータを
1つの外付けハードディスクにだけ
バックアップをとっていました。
 
 
ある日、いつものように
仕事場につき、前日の制作の続きで
制作中のデータを確認したところ・・・
 
 
ここまで言えば
もうお気づきですよね?(苦笑)
 
 
まさかのダウンで故障に。
 
 
結局、回復せず、
大事なリピーターさんのデザイン制作物を
いちから無償で作る事がありました。
 
 
これだけではありませんよね?
今はブログなどはワードプレスが主流ですが
改ざん問題もよく耳にします。
 
 
せっかくコツコツ書いた記事が
その1カ所だけに存在となると、
そこが攻撃されれば・・・
 
 
考えただけで恐ろしく
なりますよ、これは。
 
 
こんな感じで、
1つだけに頼る環境は
変えないといけないんです。
 
 
ただ、
 
 
今すぐ変えられるものもあれば
時間がかかり難しい事もあります。
 
 
例えば、デザイン制作の外注先は試しに依頼して
信頼できそうなら
以降も頼めばいいですよね?
 
 
顧客リスト、制作データは
新たにもう1つ保存先を
見つければいいからこれも簡単。
 
 
でも!
 
 
・仕事の取引先
・商品アイテム、
・クライアント獲得ルート
 
 
これってやっぱり
すぐに見つけるのは
難易度が高いものになります。
 
 
当然、時間もかかる。
 
 
自分のアイデアだけで
進めたら逆効果になることさえも。
 
では、
 
 
フリーランスのグラフィックやWEBデザイナーさんは
どうやって今後これらの問題を
解決していけばいいのか?
 
 
そんな方へ朗報です。
5月開催のこのミニセミナーに
ぜひ参加してみてください。
↓ ↓ ↓
=============================
■フリーランスなどのデザイナー向け
「単価アップ・安定した仕事獲得の
 仕組み作りミニセミナー開催!」
※オンライン参加もできます。
 
今すぐ申し込む
⇒ https://peraichi.com/landing_pages/view/69wlx
=============================
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!