NO IMAGE

フリーランスデザイナーの差別化でこんなミスしていませんか?

こんにちは、山口です。
 
「これからフリーランスデザイナーとして
 独立する予定ですが、どうしても他の人との
 違いが上手く表現できないんです・・・」
 
 
先日こんなご相談を頂きました。
 
 
これからの季節は、
新しいビジネスを始める、
新たな商品・サービスを提供する、
 
 
こんな方が増えて市場が
一段と活発になってくる時期ですよね。
広告も一段と活用されてきます。
 

 
みんなが一斉に顧客を
獲得しようと動く、という事は
当然、フリーで活躍しているデザイナー同士の
 
 
【競争も激化】
 
 
となります。
 
 
特に難易度の高い
新規のクライアントさんを獲得するわけですから
悩んでしまうのは無理ないですよね。
 
 
今回ご相談頂いた方もきっと
デザイン案件の獲得でかなり悩まれてご相談されたんだと
思います。
 
 
さて、新規のクライアントさん、この方って、
将来のあなたの常連クライアントさんになる
可能性がある方ですよね?
 
 
という事は、ここでしっかりとあなたに合った人、
定期的にデザインの仕事を獲得できて
今後の売上げに貢献していってくれそうな人を
捕まえないといけないわけです。
 
 
そこで今日は、
 
 
マーケティングにおける
重要な最初の一歩、この正しい踏み出し方
についてお伝えします。
 
 
あなたが新規のクライアントさんを
獲得していく前に必ず
考えないといけないものがあります。
 
 
それがこれ・・・
 
===========
【ナンバーワン戦略】
===========
 
簡単に言うと
一番になれる場所を
作ってみるということです。
 
個人・フリーランスデザイナーとして
どこで勝負するのか?
どのポジションを狙うか??
 
 
例えば、あなたが
エクササイズの教室を
運営しているとします。
 
 
「さあ運動して健康な体を作りましょう」
 
 
とWEBサイトやブログでアピールしたところで
簡単には振り向いてくれないのは
目に見えていますよね?
 
 
「ここなら負けない自信がある、
ぜひお任せください」
 
 
ここをひねり出す
必要があるのです。
 
 
「それが簡単に分かれば苦労しないよ」
 
 
そんな意見を頂戴することも
時々あります。
 
 
 
ここでついつい
やってしまいがちなミスがこれ!
 
 
【広く考えてしまう】
 
 
業界全体で、まるで自分だけの
「究極の強み」を探し出そうとしてしまうので
苦労するんです。
 
 
いえいえ、見つかれば凄いけど
あなたが戦うデザイン市場、商圏の中で
「ナンバーワン」と言えばいいんですよ。
 
例えば、
 
・品質面で○○なら
・価格面で○○なら
・対応力面で○○なら
 
 
など、どこかに特化して
グラフィック、またはWEBデザイナーとしてとんがれる、
ニッチな居場所を見つけてみてください。
 
 
そこを差別化できる売りとして
WEBや広告などで売り出して
いけばいいんです。
 
 
ここを的確な方向に決めないと
その後のマーケティングが
狂ってしまいます。
 
 
僕のメンバーさんは
ポジション戦略をしっかりと決めたうえで
動いてもらうので成果を上げる方がとても多いです。
 
 
ぜひ、参考にして
フリーランスデザイナーとしてあなたが強く出れる場所を
見つけてみてください。
 
それでは、次回もお楽しみに!
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!