フリーランスデザイナーのWEBでの仕事の取り方!

こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組み化を
サポートしている山口です。

 

もし分かればでいいですが
ちょっと質問していいですか?

 

あなたは今日、デザイン制作の仕事以外で
何時間スマホ、またはPCの
キーボードに触れていましたか?

ざっとでOKです。

 

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

 

はい。出ましたか?

 

何を言いたいか、
と言うと、

 

それだけ僕らの生活には
ネットは当たり前の存在になって
いるという事です。

 

クライアントさんの行動も
ネットにシフトしてきて
いるわけなので、

 

フリーランスのデザイナーとして
ビジネスしている側としては
WEBマーケティングは
当たり前になっていますよね。

 

つまり、

 

デザイナーにとって
案件受注するためのWEBサイトは
もはや「必須」という事です。

 

そしてレスポンシブも
泣けるくらい当たり前。

 

ここまではいいですよね?

 

今日の本題はここからです。

 

ネットが当たり前だからと言っても
このWEBサイトやブログ、
FacebookやLine、Instagram、Twitter・・・

 

これらは

 

【単なるツール】

 

道具に過ぎないという事です。

 

「流行りのこのメディアを使えば
 クライアントをガシガシ
 獲得できるかも??」

 

いえ、道具頼みでは
安定しては無理でしょう。

 

道具より大事なのは
こっちです。

 

ずばり、ネット上で

 

==========

あなたが発信する
メッセージ

==========

 

クライアントからの
デザイン受注につなげるためには、

 

あなたが届けたい
メッセージの質、内容に
かかっています。

 

道具、つまりメディアの
それぞれの特徴をとらえながら
放っていくことが重要なんですね。

 

そして、ネット集客って
本質は、超シンプル。

 

その本質は、
この2ステップです。

 

・テストの繰り返しで
 成約率の高いサイトに仕上げる

 

・ドンドン広く見せていく

 

明快ですね。

 

ユーザビリティだ、
UI・UXデザインだ、
ミニマルデザインだと言っても、

 

内容、コンテンツが
ヘボヘボだったら
そもそも反応は取れませんよね?

 

そんなサイトを多くの人に
見せたところで
ざるで水をすくおうとするようなもの。

 

穴の開いたバケツで
水を貯めようとするようなもの。

 

窓を開けた状態で
エアコンをガンガンかけるような・・・

 

この辺にしておきましょうか。。

 

もちろんデザイン性・機能性は
ユーザーをゴールまで動かすために
とても大事です。

 

でも、それ以上に、
あなたが狙うべきターゲットを
わしづかみできるようなメッセージを作り、

 

そして、WEBサイトからの成約率を上げていく。
ここをネット集客の優先課題として
意識してみてください。

 

そのためには、
「誰」を狙いうちしていくのか?
ここにかかっています。

 

自分は「誰」に向けて
WEBサイトでメッセージ・情報などの
コンテンツを発信していくべきなのか?

 

ここをよく考えてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!