こんにちは。
フリーランスのグラフィック・WEBデザイナー向け、仕事獲得・年収アップの仕組みづくりをサポートしている山口です。

「デザインサービスのPRで悩んでいます。どう宣伝すれば案件が取れますか?」

先日、フリーランスデザイナーの方からこんなご相談をいただきました。この質問を聞いて思わずピーンときた事。それは・・・サービスを提供する側になると、


【商品そのものに恋してしまう】

これに陥るとハッキリ言ってまずいです。速攻でクライアントに振られます(苦笑)ほんと、ついつい忘れがちになってしまうんですが、現実はこれなんです。
お客さんが求めているのはグラフィック・WEBデザインなどの

【商品・サービスではないという事】

これは、解決するための単なる手段にすぎません。
例えば、パソコン作業による肩の疲れ。

・整体に行く、病院に行く
・サプリを飲む、薬を飲む
・ストレッチする、ヨガをやってみる
などなど

これらは手段で、治るんだったらハッキリ言ってなんだっていいわけですよね?気合いだっていいんです(笑)
もう1つ、例えばホームページ制作の場合。お客さんはWEBサイトが欲しいのではありません。求めているのは、それを使った「集客」などですよね?
だったら、考え方を、商品PRではなく・・・

———————————-
お客さんの求めているもに
フォーカスする!
———————————-

こういう思考に切り替えないと安定したデザイン制作の仕事獲得、案件受注にはつながりにくくなってしまうわけです。

では、その見せ方のポイントを簡単にお伝えします。まず、あなたの制作サービスの「特徴」となるものを出来るだけ多くピックアップしてみてください。
次に、今度はそれを、あなたのターゲットにしたい人が得たいと思っている「メリット」に置き換えてみてください。(だからを使うとやりやすいです)

例えば、特徴が
「チラシのデザインだけでなく売れるコピー作りから対応する」

「ゴミ箱行きにならないチラシが作れる」

自分から顧客視点に変えるだけで響く内容になっていくと思います。

いかがでしょうか?

見込み客・クライアントが求めているものと、商品・サービスだけのPR。どちらを伝えるかによってメッセージの反応は大きく変わってきます。
もし間違ったPRをしていたら、つい見失いがちな今日のポイントにぜひ気をつけてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!