制作費を上げたいフリーランスデザイナー必見!

こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりを
サポートしている山口です。

 

以前から
ちょくちょく頂く質問で、

 

「もっと制作費を上げたいのですが
上げると案件が取れなくて、
何かいい方法はありますか?」

 

フリーでデザイナーをしていると
ここは頭を悩ますポイントの
1つですよね。

会社員と違い、
自分で決めないとならない、
重要な内容ですから当然です。

 

僕もこの経験ありなので
気持ちはよーく分かります。

 

そして今は、当時はなぜ
もっと早く気づかなかったのだろうと
思うこともよーくあります。

 

結論から言うと、
こういう質問が来た時に
僕はこう言います。

 

「そんじゃ値上げしましょう!」

 

これは、フリーのデザイナーに限らず
スモールビジネス全般に
言える事ですが、、

 

多くの人は、

 

【安くしないと売れない病】

 

これにとらわれて
しまっています。

 

ご存知の通り、
某クラウドサービスでは
このオンパレードですよね?

 

「本当にそれでやっていけるの??」

 

個人的には、つっこみどころ満載、
そんな状態に思えます。

 

「安くしないと仕事が取れない」

 

これは間違いです。

 

そして、それを引き起こしている
原因がこれです・・・

 

◆リサーチ不足

人の頭の中には価格に対しての
おおよそのイメージがあります。

 

「○○だったら□□円くらいかな?」

 

そして、これは、
あなたが狙いたいターゲットにより
ガラリと変わってくるのです。

 

WEBサイト制作1本、
20万が高いと感じる人もいれば
安くて不安になる人もいるのです。

 

そのリサーチをしないで
勝手に、漠然とで
値段を決めてしまっていませんか?

 

◆価値を感じてもらえていない

基本的な話、お客さんは価値に対して
お金を払います。

 

だから、「対価」と言うわけですよね?

 

それなのに、ここが伝わらないと
お客さんは「価格」で選ぶしかなくなるのです。

 

言い換えると、あなたが
「価格」で選ばせてしまっている
場合もあるわけです。

 

僕が主催している
フリーランスデザイナーさん向けの
集客デザインプログラム。

 

メンバーさんには、
価値で勝負できるように、
徹底的にそれが伝わるコンセプト作りを
行います。

 

だから、多くのメンバーさんは
相場感の中でもしっかりと
仕事を獲得できるようになれているのです。

 

いかがでしょうか?

 

料金設定は、あなたが提供する価値で
決めるべきなのです。

 

もちろん、最初は
あえて安く提供することもあります。

 

それは、あなたの制作サービスの
「価値」の一部を試してもらうためにやる、
という戦略です。

 

つまり、その後で
収益を上げる仕組みが出来てるのが
前提ならば全然OKです。

 

このあたりをしっかりと
整理したうえで、どうすれば利益を
増やして行けるか考えてみてくださいね。

 

それでは、また!

最新情報をチェックしよう!