こんばんは、山口です。

先日コンビニに行った時に
あるツワモノに遭遇してしまいました。

「一緒に、揚げ物いかがですか?」

よくこんな声がけを
聞く事ありますよね?

僕が出くわした店員である
ツワモノは一枚上手でした。


その店員さんは、
しげしげと肉まん辺りを
チラ見している僕に、

「肉まんとピザまん、
 どちらお取りしますか?」

この言葉に完全ノックアウト。

「ピ・ピ・ピ、ピザまん、
 く・だ・さ・い・・・」

セールスの上手さに
完全に飲み込まれたわけです(笑)

さて、あなたはお客さんに対して
押しは強いですか?
それとも弱いですか?

と言うか、そもそも
押していないって事ないですか?

ズバリ言いますね・・・

これって非常にチャンスを逃している
可能性があります。

例えば集客用のチラシやランディングページ。
オファーを入れるのは
ごく普通ですよね?

そこで、もうひと押し。

「限定性」「緊急性」
もしっかりと持たせていますか?

人数、期間、数量など
限定させ急かす事で
成約率はカンタンに上がります。

もう1つ。
問い合わせしてくれたお客さんへの
ご案内の場合。

複数のプランを用意して
わざと迷ってもい、

「AとBのプラン、
 どちらのプランでお悩みですか?」

こう持っていく事もできますよね?

「えーと、それならBがいいかな・・・」

こんな答えがくれば
そこからBプランに誘導して
受注へ持っていく事ができます。

なぜなら、
そもそも初めて依頼する人の多くは
迷っている人が多いからです。

だから「背中を押してあげる一言」

これを言える状況を作ってあげるだけで
あっさり注文、という事にも
なったりするんですね。

これを入れるだけで、

・客数が増える
・仕事が増える
・単価も上がる

インスタントに始められるし
悪くないですよね??

さて、あなたは今、
迷っている人を押す「声がけ」
しっかりできていますか?

もし取り入れてなかったら、
機会損失している可能性が大かもしれません。
ぜひ、お試しください。

最新情報をチェックしよう!