こんにちは、フリーランスデザイナーなどの
仕事獲得・年収アップの仕組みづくりを
サポートしている山口です。

 

WEBサイトなどからの受注を増やして
売り上げ伸ばすために、いくつも方法はあります。

 

でも、実はちょっとしたポイントを押さえる事で、
これ、けっこう簡単に可能になるんです。

ご存知ですか??

 

集客用のページの反応、
つまり成約率が2倍になれば
売り上げも2倍になります。

 

考え方を変えると・・・

 

顧客をゲットするコストも
半減というすばらしい事にも!

 

そしてこれは、あなたが作る
クライアントのチラシやWEBサイトなども
もちろん同様の事が言えるのです。

 

でも、そのためには
あなたの売りが明確に際立った
「USP」が大前提となりますが。

 

そこを、しょぼい見せ方をしてしまうと
逆もしかり、今度は半減なので
要注意ですね。。

 

そこで今日は、
反応上げる受注サイトの作り方
のコツを2つご紹介します。

 

◆明確に具体的に

 

情報が多い現代、まず、
複雑で分かりづらい見せ方はNGです。

 

マイクロモーメントと言われている今、
まず避けたいところですよね。

 

なので、1つのテーマで明確に、
そして1つの行動を起こしてもらうように
指示する見せ方が重要になります。

 

加えて、

 

さらに出来るだけ具体的な表現、
例えば数字を使う事でイメージしやすく
共感、信頼も得る事ができます。

 

「1000曲をポケットに」

 

スティーブ・ジョブズによる
iPodの名言ですが、
分かりやすくぐっとイメージできますよね?

 

◆根拠、事例を多く入れる

 

人って情報量が多いほど
信頼感を持つと言われています。

 

特に、疑いを持っている
新規の見込みクライアントに対しては、
それに対応するため、

 

あなたの売りや違いを伝えたいなら
それをフォローする根拠や
事例を多く見せるようにしてみてください。

 

よく、長い文章は読まれない、
と言われますがこれは違います。

 

興味や関心を持てば
しっかりと読んでくれます。

 

好きな作家の小説、文字だらけだけど
夢中で読みますよね??

 

明確に具体的に、
そして根拠、事例を多く入れる事で
反応を上げる事につなげられます。

 

結果、集客や収益アップにも
つながります。

 

ぜひ、今のあなたの集客用メディアや
クライアントの広告制作の
参考にしてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!