反響出る集客チラシの作り方とそのコツ!

こんにちは、スモールビジネスの
チラシ・WEB集客をサポートしている山口です。

これは僕が主催している
集客プログラムのメンバーで店舗ビジネスされているSさんの話です。
この方、集客チラシのデザインセンス抜群!おまけにルックスもいい!笑

なのに、僕のところにご相談に来る前まではなかなか集客できない状況でした。
そんなSさんでしたが、強みを深掘りした結果、
あるポイントをチェンジしてもらったところ・・・

「成約率4倍の改善!」

ほんと、ちょっとした改善で功を奏したのですが。さて、何を改善したと思いますか?
それはとてもシンプル。ここです・・・

「写真」

Sさんはそれまで、自分は男性向けのお客さんが多いと

【勝手に思い込んでいたのです】

ところが、僕がヒアリングさせてもらったところ、Sさんは女性向けの方が反応取れるのでは?
と仮説を立て、ターゲットを女性に絞る事を提案。

ここで、これまでの経験上から女性はビジュアルを強化した方が反応取りやすいので、
写真を多めに取り入れた集客用のホームページに変更。

これは、脳の構造の違いらしく女性はロジカルよりも感性重視と言われているからです。
逆に、男性は理論的な方が受けがいいのですね。
(なので数字やマーケティングの説明は男性の方が欲する傾向がありますよね)

その結果、大幅にコンバージョンから成約率まで改善できたわけです。

女性姉妹の中で育った僕としては何となくは感じていたのですが活かせて良かった点ではあります(笑)

そしてこれは、何もWEBサイトだけではありません。サンキューレターやダイレクトメールにももちろん有効。
LINE@だって画像からの方が成果は出やすいと言われています。

他にも、広告で言えばターゲットが女性向けなら、フェイスブック広告ならビジュアルや動画で攻めてみる。
ターゲットが男性向けならリスティング広告の広告文に数字を入れることでクリック率アップからクリック単価ダウンを狙う。

このようにクリエイティブを変える事で反応を上げる事は可能になりますよね。

そして、成約率が2倍になれば・・・

——————————————
売り上げも2倍になるのです!
——————————————

いかがでしょうか?

もちろん、人によってはあてはまらない場合もあります。でも、あなたの商品・サービスがもしどちらかに特化していたら、
このあたりに気をつけてみる事でもっと案件を獲得できるようになるかもしれません。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、また!

最新情報をチェックしよう!