売れるチラシ作り、テンプレートはこう使う!

こんにちは、スモールビジネスの
チラシ・WEB集客をサポートしている山口です。

 

「このテンプレートで集客チラシを作って
 配布してみたんだけど、
 反響がほとんどありませんでした・・・」

 

これは、先日、治療院を運営されている方
から頂いた相談です。

 

=============

◆動画で詳しく
理解したい人はコチラ◆

『売れるチラシ作り、テンプレートはこう使う!』

==============

 

結論から言うと、
売れてるテンプレートを使ったからと言って
反応がとれるわけではありません。


———————-
ターゲットとメッセージが
マッチして効果を発揮する
———————-

 

当たり前の話ですが、

 

「このテンプレートで作れば
 誰でも反応が取れるぜ!」

 

そんなものがあれば
みーんな集客に困ってなんか
いませんよね??

 

と言うよりも、出回る事で
いつかは効果は下がっていきます。

 

例えば、整骨院などでよく
みかける人気テンプレート。

 

僕が主催している
集客プログラムのメンバーさんで、

 

そのテンプレートではなく、

 

僕が提案した構成案で作って頂いた
集客チラシで毎月15~20人近くの
新規のお客さんを集めている人がいます。

 

片や、

 

人気テンプレートを元に作った集客チラシで
1万枚配布しても1人も集客につながらず
相談に来る方もいます。

 

全く同じチラシ、
という媒体なのに。。。

 

これは、ズバリ、

 

集客チラシを作る前の
マーケティングの準備段階で
重要なミスをおかしてしまっているから。

 

そのミスとは、これ。

 

「誰に」
「何を伝え」
「何をして欲しいのか」

 

ここが決まって、それを入れる箱、
つまりテンプレートを決める事で
はじめて威力を発揮するのです。

 

これは何も集客チラシだけではありません。
WEB集客でも全く同じです。

 

ワードプレスでサイトを作りたいけど
どんなテーマにすればいいのか?

 

「誰に」が見えていないのに
ここから入ると
高確率で失敗するでしょう。

 

いかがでしょうか?

 

あなたは集客やマーケティングを
「格好」から
入ろうとしていませんか?

 

集客チラシもWEBサイトも、
肝心なのはメッセージ、

 

つまり「中身」です。

 

ぜひ、集客チラシ、WEBサイトを作る時は
この辺りを意識して作成、そしてデザインを
するようにしてみてくださいね。

 

それがチラシ集客の
正攻法ですから。

最新情報をチェックしよう!