NO IMAGE
こんにちは、フリーランスなどのデザイナー専用
仕事獲得・年収アップをサポートしている
山口です。
 
今日はあなたに
ちょっとドキッとする事を
お伝えしてしまうかもしれません。
 
 
あなたはこれまでに
こんな事を良く言われて
きませんでしたか?
 

フリーランスでグラフィック、
またはWEBデザイナーをしている人は
とても多くいます。

なので、

「自分の強みを活かしましょう!」
 
 
はい、その通りです。
 
 
フリーランスのデザイナーに限らず
ビジネスを始める時は基本的に
ここを軸に考えるものです。
 
 
例えば、
 
 
デザイン性の高い媒体を
作れるグラフィックデザイナーさんなら
品質を。
 
 
企画力があるWEBデザイナーさんなら
提案力を。
 
 
スピード制作に自信がある
DTPデザイナーさんなら
速さを・・・
 
 
それぞれで、デザインの
強みや売りは違ってきますよね。
 
 
でも、この「強み」だけを見ているのも
実はちょっと危険な事なんです。
 
 
なぜかと言えば、
 
 
【強みと弱さは表裏一体だから】
 
 
なので、あなたが今後
フリーランスなどのデザイナーで
売れ続けていくためには・・・
 
 
==================
常に強い所と弱い所を俯瞰する
==================
 
この見方で
マーケティングを進めることが必要
なんです。
 
 
強みだけではなくその逆の
弱みも意識していないと
いけないわけなんですよ。
 
 
まあ、デザインの仕事を受注するための
媒体で最もやっていけない事は
 
 
強くも弱くもない
ありきたりな見せ方をする事。
 
 
これは言うまでも
ありませんよね?
 
 
メッセージが弱くなって
訴求力も弱くなりますから!
 
 
どこか1つでもいいので
強い所を持ってそこを主張するのは
非常に重要な事です。
 
 
でも、今日は
もう1歩踏み込んでお話します。
 
 
あなたにとってのデザイナーとして
強いポイント、
 
 
もしですよ、
そこが強くなくなってしまったら
 
 
——————————————————————
あなたの価値がその瞬間
無くなってしまう・・・
——————————————————————
 
という事になりますよね??
 
 
例えば、上に挙げた例で言うと
グラフィックのデザイン性の高さが
強みだった場合、
 
 
高品質なデザインが
思い通りに作れるツールが
爆発的に普及したらどうなりますか?
 
 
今もある程度は出てきてますが
自由自在な作成が
めちゃくちゃ簡単にできてしまったら・・・
 
 
こんな感じで、
 
 
あなたのビジネスの
強みは何ですか?
 
 
そして、もし、そこを
取られたらどんな対応をすべきか?
 
 
万一、大黒柱の強いポイントが
無くなった場合も想定して
動いて行く事が今後は必要になってきます。
 
 
でも、プラスに考えれば、
あなたが今弱いポイントも、逆を言えば、
強みに変える事も可能になりますよね。
 
 
いかがでしょうか?
 
 
「自分はここが優れている
 デザイナーだから大丈夫!」
 
 
という考えでいると
不意に足元をすくわれて
しまいかねません。
 
 
俯瞰して、弱い部分も見ながら
安定して仕事を獲得できるデザイナーになれるよう
意識してみてくださいね。
 
 
追伸
 
あなたのどこが強くて、
そして、今はどこが弱いのかが
よく分からない・・・
 
 
そんな方へ、来週、5月開催の
グループコンサルの募集を開始します。
 
 
ズームでの開催日も決めてますので
遠方でなかなか首都圏には来れない方など
も参加できます、ご安心ください。
 
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!