安定するフリーランスデザイナーになる正しいステップ

こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組み化を
サポートしている山口です。

 

ここ最近は画像処理など
ご無沙汰だったんですが、

 

Macのバージョンアップと共に
photoshopもCCにアップグレード
しました。

 

確かに便利な機能が多い。

 

しかし・・・!

慣れるまでちょっとめんどい(汗)
スイッチングコストが
かかりますね。

 

さて、今日のテーマ

 

=====================
安定受注のため、必ずやるべき事とは?
=====================

 

あなたは、好きなになった異性と
初めての会話でいきなり告白する勇気
ありますか?

 

あれば、アグレシッブですね、と
言っておきますか(笑)

 

ほとんどの人は手順を踏んで
行くはずだと思います。

 

徐々に仲良くなってデートをして、
いい雰囲気になった時に
告白のパターン、ですよね?

 

ではこれを、フリーランスデザイナーとしての
マーケティングに
ちょいと置き換えてみましょう。

 

よくビジネスは恋愛に
例えられますよね?
似てますから。

 

すると、気づく事があります。

 

マーケティングになると
とたんに手順をすっ飛ばして
いきなり物事を始めようとするのです。

 

あなたが狙いたいクライアントさん。
(つまり告白したい人)

 

どんな人かの情報が弱い段階で、

 

「どんなツールでデザイン案件受注への
 メッセージを届けようか?」

 

いやいや、まずは
そのクライアントさんがどんな人で
どんなメッセージを届ければ喜ぶのか?

 

これを決めてからツールを決めるのが
正しい順番です。

 

恋愛のプレゼントで言うなら
相手がどんな人で、
何を送れば喜ぶか?

 

これが決まってからどうやって渡そうか、
決めますよね?

 

つまり、リサーチしてから
考えるはずです。

 

僕がこれまで
サポートしきた経験から、

 

10人中7、8人はノーリサーチ、
つまり戦略を立てずにいきなり
マーケティングしていますね。

 

「新規クライアントから
 デザイン制作の仕事を
 獲得していきたい!」

 

と思ったら、いきなり
サイトやブログを作り始める。

 

当然、しっかりとした手順を
踏んでいないので
成果は出にくい。

 

どんなクライアントさんと
お付き合いしていきたいのか?

 

その相手次第で
伝えるべきメッセージは
ガラリと変わのです。

 

そして、提案していく
デザイン制作の
メニューも変わります。

 

そしてそして、
伝えるためのツール(メディア)
ももちろんです。

 

これを最初にリサーチ、
戦略を立ててから始めないと、
時間とお金の無駄になりかねません。

 

いかがでしょうか?

 

あなたはちゃんと筋道を考えた上で
日々のマーケティングに
取り組んでいますか?

 

戦略なきフリーランスの
デザイナーが歩むのは
いばらの道です。

 

ここ、しっかりと
おさえてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!