NO IMAGE

当たるチラシ作成5つのポイント見本

こんにちは、スモールビジネスの
チラシ・WEB集客サポートをしている山口です。

今日のテーマはこれです。

 

チラシやWEBサイトで
集客していくために、抑えないといけない
「共通のルール」があります。

 

これは先日、僕が主宰する
集客デザインメンバーさんから
届いた声です。


「山口さん、チラシのの指示箇所を見直して
リニューアルしてポスティングした結果、
反応が増え、先月より15人新規客の獲得が増えました」

 

僕に相談来る前までは
自己流で作ったチラシで
PRしていたようなのですが、

 

いくつか大事なポイントが
ごっそり抜けていたので
アドバイスさせて頂いたのです。

 

結果はまずまず。
ここからがテストマーケティングの
本番です。

 

スピーディーにチラシの反響をテストをしていく事で
さらに成果は上がっていくと思いますので
これからが楽しみですね。

 

ここで僕がやったことは
まずは、自己開示も含めて
プロフィール全般を見直しました。

 

そして次に、

 

いつも活用してる某リストを使って
1つずつこの集客チラシを
チェックしていったのです。

 

今日はその一部をご紹介するので
あなたもぜひチェックしていって
みてください。

 

■パッと見で誰に向けたメッセージか分かりますか?

「あの人も、この人も」
悲しいことに、メッセージは対象を広げるほど
訴求力は弱まります。

 

まずは、具体的な人物像が思い浮かぶまで
絞ってみてください。

 

■瞬時でつかまえるキーワード入れてますか?

ターゲットが思わず反応してしまう
「キーワード」を目立つ様に入れ
食いつきを狙います。

 

■USPを分かりやすく見せていますか?

USPはあなたの売り、強みの事です。
なぜ、あなたを選ばないといけないのか。

 

そこが見えないと価格で見られるか
他へ逃げられます。

 

■その場で信じてもらえますか?

初めての人から買うのは抵抗がつきもの。
これを払拭できる要素を
入れるようにしてください。

 

多いほど有効ですよ。

 

■オファーは強いですか?

見込みクライアントさんを行動させる
圧倒的な条件を付けているかどうかで
成約率は変わります。

 

今依頼しないデメリットとあわせて
載せてみてください。

 

まあざっとになりますが、
どれも外せない重要項目になります。

 

情報が多すぎる時代、チラシやWEBサイトは
みなせっかちに流し読みで
内容を見ています。

 

一目で自分に価値がある情報だと思われないと
一瞬で本当にサヨナラです。

 

ここをもう一度しっかりおさえて
集客につなげていくようにしてみてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!