最速で売れるチラシにする秘密とは?

集客チラシ?を使って
?最速でお客様を獲得できる
テスト配布方法を1つご紹介いたします。
?
?
チラシは?ご存知のとおり
?身近なプッシュ型広告?です。
?
?
でも、?これだけ情報があふれている世の中、
1回配布しただけでは反応がとれない
なんて事も珍しくありません。
?
?
どうしてもテストをして
チューニングを繰り返して
集客できるチラシに仕上げていく?。
?

?
?こんな過程が必要になってくる
媒体でもあります。
?
?
でもやみくもにテストする
時間も予算もない・・・
?
?
集客チラシのテスト方法は
たくさんあります。
?
?
内容は変えずに行う
やり方としては
?
?
・配布エリアを変えてみる
・配布する曜日や時期を変えてみる
・用紙のサイズを変えてみる
?
など?など?
?
?
それでも反応が良くない時は
内容になってくるのですが、
?どのようにテスト配布をする事が
最も効果的なのでしょうか?
?
?
(もちろん正しい戦略で作ったものである事を
前提にはなってくるのですが)
?
?
その方法?とは、ずばり・・・?
?
?
?
====================?====?====?
「キャッチコピー」と「オファー」
を変えたテストを行う
====================?====?====?
?
チラシの?つかみ部分と出口部分を
変えてテストする事が
最も反応が変わりやすいので効率的です。
?
?
なぜ、最初にこの2つでテストする事が
大事なのか?
?
?
?理由としては、
変化の幅が大きいからなんです。
?
?
整骨院を経営されている
クライアントさんの例を
1つ挙げましょう。
?
?
こちらの方は集患数の伸びに悩んでおり、
キャッチコピーに「肩と腰の痛みは○○整骨院へ」
と入れた自作のチラシを作っていました?。
?
?
でも、?効果は今ひとつ。
?
?
そこで症状のポイントを「肩」だけの1つに絞り、
興味を持って読んでもらえる、次の質問系のコピーへ
変更してもらいました。
?
?
「つらい肩こり、あなたの症状は
次のどれに当てはまりますか?」
?
?
人は質問されると答えたくなるという
心理をついた定番型のコピーですね。
?
?
これにより自作のものより
約3倍の集患数になりました。
?
?
次にオファー。
オファーも変化の幅が大きな項目です。
これも例を1つ。
?
?
あるリフォーム会社は、チラシにごく普通に
「資料請求」と載せていました?が
?これを下記に変更。
?
?
「知らないと大損!年間10万円も
? ?光熱費が安くなるオール電化のコツ」
?
?
?これ?にした結果、
問い合わせが約5倍に急増。
?
?
?いかがでしょうか??
?
?
こんな流れで、
まずは変化の幅が大きく見込める、
集客チラシの?つかみ部分と出口の部分
?
?
?ここを?を変えてテスト?をすると
早く集客できるチラシに
近づける事が可能になります。
?
?
ぜひ、参考にしてみてください。
?
?
追伸
?
1つ注意があります。
コピーとオファーを同時に変えるのはNGです。
?
?
どちらに反応したかが分からなくなって
しまうので、片方ずつテストする事が
大事ですので気をつけてくださいね。
?
?
それでは、また!
最新情報をチェックしよう!