欲しいと言わせるチラシの作り方!

こんにちは、スモールビジネスの
チラシ・WEB集客をサポートしている山口です。

 

先日、都内でコンサルティングの仕事を終え、
帰ろうとした時の事です。

 

歩いていると、
アップルパイの
とてもいいにおいが・・・

漂ってきたと思ったら
近くにパン屋さんが。
しかも、かなりの行列!

 

特に買おうとまでは
思っていなかったのですが、

 

中から出てきた店員さんの一言で
その後の状況は一変しました。

 

「一口いかがですか?」

 

はい、甘いものには目がない僕。
ペロリと食べ、そのまま行列の最後尾に
ササッとしっかり並びました。

 

さて、この出来事から
分かる事があります。

 

あなたはこんな言葉を
ご存知ですか?

 

「人は感情でものを買い、理屈で正当化する」

 

人は気持ちが高まった時、つまり、

 

「あ、これ欲しい!」

 

この感情が高まった時に
商品・サービスを注文するのです。
まあ、衝動買いなんて典型的ですよね。

 

今回は、食べたアップルパイが
「美味しい!」
となり買う気になったわけです。

 

逆を言えば、あなたが
チラシを作り、またはWEBで
安定的に集客したいなら、

 

この感情を揺さぶる
見せ方をチラシやWEBサイトでしないと
受注は難しいという事です。

 

そこへ行くためのポイントを
2つあげると・・・

◆貸しを作る

「一口いかがですか?」
美味しかったのはもちろんですが、

 

「食べたから買わないと悪いな・・・」
こんな気持ちにもなりますよね?

 

僕はこの一言にまんまと
やられたわけですね(笑)

 

逆にこれを言われなければ
財布を開いていなかったと思います。

 

これを「返報性の法則」と言い、
あなたの受注に向けても使える
非常に有効なテクニックです。

 

最初に何かを試してもらい、
「じゃあ一度頼んでみよっかな」

 

こんな風に思わせる見せ方を
集客チラシやサイト、ホームページで
するようにしてみてください。

 

◆大勢のパワー

多くの人に支持されている事が分かると、
人はそれに従いやすくなります。
これを「社会的証明」と言います。

 

行例ができていたら、
「ここ良さそう」
って思いますよね?

 

あなたのサービスでも
そんな状況をチラシやサイト、広告などで
作る事はできませんか?

 

あなたが今後事業主で
活躍していくために、

 

「人間の心理」

 

ここは付いていくのは
とても重要な事になってきます。

 

もし、出来ていないなら
今すぐ取り入れてみてください。
チラシやWEBサイトの成約率を
グンと上げる事が可能になりますよ。

 

参考にしてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!