NO IMAGE
こんにちは、フリーランスなどのデザイナー専用
集客コンサルタントの山口です。
 
「おいおい、選ぶの大変だな、
 これは・・・」
 
 
これは、先日、風邪を引いてしまったのか
喉の痛みと咳が出てしまい
薬局へ行った時の話です。
 

 
薬局に入ったとたんに
入り口付近に積まれた
風邪薬の山!
 
 
冒頭の言葉は
その量に圧倒されて
思わず出たフレーズです。
 
 
早速その山のふもとへ行き
いざお薬を選別へ。
 
 
とその前に、デザイナー出身の僕は
どうしてもまずはパッケージを
見てしまう癖が抜けず・・・(苦笑)
 
 
まあ、今は症状別に
いろんなタイプのものが
出ているんですね。
 
 
それぞれが山積みになって
いるから選ぶのも
なかなか一苦労でした。
 
 
ただし、その中で
僕が最も関心がなかったのが
 
 
「かぜの諸症状向けのもの」
 
 
つまり、
どんな症状でもお任せ的なものには
一切惹かれませんでした。
 
 
僕の症状は喉、これを何とかしたかったので
ここに特化したものだけに
迷わず飛びついたのです。
 
 
この時に改めて感じたこと。
 
 
ビジネスでも見せ方次第で
選ばれる事もできれば、
見向きもされずになるという事。
 
 
あなたはいかがでしょうか?
 
 
振り向いて、選んでもらうために
有効な事、それは・・・
 
 
 
 
===========
局地戦に持ち込もう
===========
 
ランチェスターを学んだ事があるなら
聞いた事はあるかと思います。
 
 
簡単に言うと、
 
 
「ニッチを狙おう!」
 
 
という事。
 
 
今は似たサービスを提供している
デザイナーがごまんといます。
 
 
供給過多の状態、
副業の解禁で
今後はさらに増えてくるでしょう。
 
 
そんな中、残念ながら
八方美人では
選ばれてもらえません。
 
 
また、似た者同士の中で
同じことを主張していたら
どうなるでしょうか?
 
 
お客さんは何を基準に
選んだらいいのか分からない。
 
 
「何となく良さそうで・・・」
「安いしいいかなと・・・」
 
 
こんな状況になるのは
明白ですよね。
 
 
でも、主張する視点をずらして
負けない1点のみに
焦点を合わせると・・・
 
 
大手、有力なデザイナーでも
簡単には参入できない
エリアで勝負が可能になります。
 
 
返り血を浴びず、残り続ける事が
できるようになります。
 
 
それどころか、あなたの存在はキラリと光り、
一気にトップに躍り出る事だって
可能にもなります。
 
 
これを
 
 
「ポジショニング戦略」
 
 
と言います。
 
 
—————————————————————————————
○○に関してのデザインだったら
私にお任せください(自信があります)
—————————————————————————————
 
このように言える、
あなたが「勝てる場所」を作り
あなたが「勝てる場所」で戦う。
 
 
もっと言うと、
不戦勝ができるように
持って行くという事です。
 
 
強いビジネスを作るために
まず最初に取り組むべき
ポジショニング戦略。
 
 
 
いかがでしょうか?
これ、とっても大事な事なんで
しっかりと確認してくださいね。
 
 
間違ったポジションを選んでしまうと
全く売れない状況になってしまいます。
今が問題なくても、ですよ。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!