簡単にチラシの反応を上げるデザイン3つのコツ

こんにちは、スモールビジネスの
チラシ・WEB集客をサポートしている山口です。

先日、チラシ診断の依頼を受け
チェックした時の話です。

僕はいつも、最初は
読み手の立場でチラ見しかしません。

 

そのチラシも同様で、
まずは軽く目を向けたのです。

 

すると・・・

=============

◆動画で詳しく
理解したい人はコチラ◆

『簡単にチラシの反応を上げるデザイン3つのコツ』

==============

・注意をひきつける
ヘッドラインのメッセージ

 

・ボディ部分でのベネフィット、事例、

 

・パンチの効いたオファー

・行動を促すレスポンスデバイス

 

「いいじゃない!」

 

どれも非常に良かったのです!

 

しかし、、、

 

これが絶望的にダメでした。。

 

ズバリ、

 

【デザイン】

せっかく見込み客に響くいい内容でも
デザイン次第で集客チラシは

 

「見づらい、読みづらい」

 

こんな症状を引き起こしてしまうのです。
つまり、いとも簡単に
効果が台無しになるんです(苦笑)

 

これはもちろん、WEBサイトや
ダイレクトメールでも同じこと。

 

そこで、

 

合格点のメッセージをまずはしっかり伝える
チラシデザインの基礎ポイントについて
ご紹介します。

 

◆1 絞る

使用するフォント、色、
これを2~3つに絞ります。

 

特に気をつけたいのは色。

 

・メインカラー
・サブカラー
・アクセントカラー(注意を引く色)

 

この3つにしてみてください。
これだけでもかなりスッキリと
見やすくなります。

 

そしてアクセントカラーは
メインカラーと対照的な色にすると
引き立ちます。

(これを補色と言います)

 

◆2メリハリ

これも弱い人がとても多いです。
キャッチコピーの大きさ、小見出しの大きさ、
さらに本文の文字。

 

これらの大小のメリハリを
しっかりつけてください。

 

読みやすくなり、視線もスムーズに
誘導させやすくなります。

 

これをジャンプ率と言いますが、
ジャンプ率を大きくするとダイナミックに、
逆に抑えると落ち着いた印象になります。

 

◆3揃える

文字や配置する画像の
「縦・横のライン」を揃える事で、
全体的に締まり、見やすくなります。

 

いかがでしょうか?

 

とても簡単なコツになりますが、
ここを気をつけるだけで大事なメッセージが
一気に読みやすく変化します。

 

ただ、ここまで伝えてなんですが、
デザインに貴重な時間を取られるなら
やはりプロに外注するのがオススメです。

 

ここはどうしても経験による
センスで差が大きく出ます。

 

大事な反応率を左右してしまう所ですから、
餅は餅屋に任せた方がベターです。

 

いずれにせよ、集客チラシは
「どう見せるか」よりも
「何を伝えるか」

 

こちらの方がずっと重要なので
そこを踏まえたうえで
デザインに取り組むようにしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!