こんにちは、フリーランスデザイナーの
仕事獲得・年収アップの仕組み化を
サポートしている山口です。

 

さて、これから徐々に繁忙期に入る
デザイナーさんも多いと思います。

 

という事は、
今まで以上に広告を作る機会が
増えてくるという事でもあります。

 

そこで今日は、

 

あなたの受注するためのサイトなど含め

 

【反応を上げる広告の作り方】

 

について事例を交えながら
お伝えしてみようと思います。

フリーランスのデザイナーは、
日々多くの広告を作っていますが、

 

見せ方をちょっと変えただけでも
反応が大きく変わってしまう、
こんな事はよくある事だと思います。

 

例えば、

 

あるキーワードで検索された時に
たまたま出てきた競合サイト次第で、

 

時にコンバージョンが半減!

 

または逆に2倍アップに!!

 

なんて事もごく普通に
ありえます。

 

これが意味すること、
それはズバリ、、、

 

————————————————-
テストと改善の繰り返しさえすれば
反応率を上げる広告は作れる!
————————————————-

 

今から3ヶ月前、僕が主催する
フリーランスデザイナー向け
集客プログラムのメンバーになったSさん。

 

Sさんのサービスは
プッシュ型のプロモーションが
向いていたため、

 

ダイレクトメールを使っての
新規クライアント獲得に
挑戦してみることにしました。

 

まず、Sさん自身で考え
デザインしてもらった物を
2回テスト送付。

 

結果は、ちょっとイマイチ。。

 

でもこれはOK、想定内です。
プッシュ型メディアはある程度の
頻度と根気がどうしても必要になりますから。

 

次にやった事、
それは、これまでの結果を見て
「ある所」の改善を行いました。

 

すると・・・

 

とたんに反応がグイグイ
取れ始めてきたのです。

 

その変えた所とは、
ヘッドラインを

 

【文字のみに変更】

 

ある意味、究極のフラットデザインに
変更してもらいました(笑)

 

変更前はこんな感じ。

 

バックのイメージ画像の上に
細明朝のフォントを乗せて
横にモデルの画像を挿入。

 

うん、確かに見た目は
アーバンチックでオシャレな
ものでした。

 

でも、、、

 

ここでデザイナーの悪い癖が
出てしまっているのです!

 

見た目グッド、
自分が気持ちよく酔えるデザインに
仕上げようとするという悪しき「癖」です。

 

ちょっと待ってね。
それ見るの誰?

 

見るのはこれから獲得したい
見込みクライアントですよね??

 

しかもチラ見で
惹きつけないといけない。

 

となれば、

 

わしづかみするキャッチコピーと
インパクトがどうしても重要になるのです。

 

特にプッシュ型は
気づかせる見せ方が命です。

 

これに変えたもらった結果、
封筒から出した瞬間に

 

「誰に」「何を」

 

が明確に分かりやすく伝わるようになり
反応が2.5倍に上がりました。

 

これ以外にも、

 

ダイレクトメールの反応を上げるためには
封筒、同封書類の枚数、色などの
テクニックもあります。
(それはまた次の機会にお話しします)

 

いかがでしょうか?

 

小さなテストと改善を進めていけば
やがて反応はついてくるように
なるものです。

 

今回のように、
特にデザイナーさんの場合は
視野が狭くなりがち。

 

不要なこだわりを捨てた結果、
成果に繋がったわけです。

 

でも、
絶対に忘れてはいけない
最も重要なの事は、

 

「あなたがどんなクライアントさんを集め、
 常連リピーターへしていきたいか」

 

その人へ向けての「メッセージ作り」が
キソのキソになるという事です。

 

この辺をしっかり押さえた上で
テストをスピーディに繰り返して
安定的にクライアント獲得できるように
していってみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!