集客チラシに絶対入れるべき内容とは?

こんにちは、
チラシ・WEB集客コンサルタントの山口です。
?
今日のテーマはこれです。
?
===============
?
『集客チラシに絶対入れるべき内容とは?
?
=============
?
先日、ある店舗オーナーさんから
チラシ診断のご相談を頂きました。
?
?
その方はいろいろ情報を見て
作ってみたらしいのですが
効果が全く出ないとの事。
?
?
なるほど、最近良く出回っている
テンプレートを参考にして
作られたようでした。
?
?
確かによく練られたテンプレートも
あるのですが、
1つ言うと
?

?
【売れてるテンプレートを使えば
 集客が増えるなんて事はありません】
?
?
この場合も肝心なものを
入れていないチラシだったのです。
?
?
あなたが集客チラシに
絶対に入れるべき肝心なもの。
?
?
それは・・・
?
?
?
?
?
「結果を見せる」
?
?
チラシを見た人は
ここが知りたいのです。
そう、ここだけです。
?
?
ぶっちゃけ、
あなたのサービス、商品、
そのものに関心は持っていません。
?
?
そこで今日は、
効果的にこの「結果」を作れる
3ステップをご紹介します。
?
?
早速いきましょう!
?
?
■ステップ1 リサーチ
?
まずはリサーチ。
はい、基本中の基本ですね。
?
?
誰に向けて何を伝えたいのか?
ここを間違えると反響は取れませんので
しっかり行ってください。
?
?
■ステップ2 特徴の洗い出し
?
リサーチが終わったら次は
商品・サービスの特徴を
洗い出します。
?
?
細かい事でもOK、
まずは徹底的に
書き出してみてください。
?
?
■ステップ3 置き換える
?
特徴をピックアップできたら
ラストスパート。
?
?
この特徴を「なので」で
置き換えてみます。
?
?
例えば、
?
?
「経験豊富なゴッドハンドで施術できる」
 ↓
なので○○○
?
?
「ラインでも予約受付できます」
なので・・・
?
?
「苦手科目を完全マンツーマンで指導」
なので・・・
?
?
ここまでで
何かお気づきでしょうか?
?
?
これが特徴です、
あれができます、
ここが凄いんです・・・
?
?
上記の例で言うと「」の内容。
実は、ここまでは
売り手目線の内容です。
?
?
その後の「なので」以降の部分が
お客さんが真に求めている内容。
?
?
紛れも無く、
お客さんが欲しいのは
この後ろの部分なんです!
?
?
でも、多くの人は
チラシでこの結果の部分を
入れていません。
?
?
その前の部分だけで
終わってしまってる人が
ほとんど。
?
?
自己満足のチラシの
出来上がりだから
即ゴミ箱行きに・・・
?
?
集客につなげるためには
必ず顧客目線でチラシの内容を
考えるようにしてみてください。
?
?
そしれこれを、分かりやすく見やすく
箇条書きで見せると
ぐっと伝わりやすくなります。
?
?
この箇条書きを
ブレッド、またはボレット
と言います。
?
?
いかがでしょうか?
?
?
ちょっと面倒くさい作業ですが
あなたも魅力的なブレッドを作って
チラシの効果を高めてみてくださいね。
最新情報をチェックしよう!